※只今YouTubeにて公開中。

2022年07月29日

最近読んだ本109・110

今回本は、原作とコミックの二冊です。

『収容所からの手紙』辺見じゅん著 文春文庫そして、『ラーゲリ 収容所から来た遺書』原作辺見じゅん 漫画 河井克夫 文藝春秋社です。

二宮和也さん主演で今年の冬公開の予定の、原作となります。

多くの日本人は、第二次世界大戦終戦後の日本軍捕虜や多くの民間人が、ソ連軍によってシベリアの労働力として長期間にわたり収容所隔離され、極寒の中過酷な強制労働と飢餓そして、精神的思想洗脳を人権無視で行ってきた事実を知っているだろうか?

この本は強制収容所(ラーリゲ)の中で、主人公の遺族の為にしたためられた6通の遺書を、いつか来るダモイ(帰国)の日の為にと・・・

原作を読んでから漫画を読んだので、描写がとても理解しやすかった。

そして今、何故そんなシベリアの強制収容所に長期間とらわれていたのか。

そんな史実を何故この国は、教えてこなかったのか?

是非この事実を読んで見て下さい。







koideroll at 08:07|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 | 

2022年07月28日

最近読んだ本108。

今回の本は、『はたらくきほん100』松浦弥太郎 野尻哲也 著 マガジンハウスです。

以前ご紹介をしている松浦弥太郎さんの本『100の基本』の様に、読みやすくそして分かりやすく、
読んでいくうちに納得し腑に落ちてくる本です。

そして、松浦弥太郎さんと野尻哲也さんが、「はたらくきほん100」「リーダーのきほん100」「あなたのきほん100」と三つの章で書かれています。

お二人が語りあって文字に起こした【きほん】は、言われてみたらもっともの事だらけであって、気付かなかった事だらけかもしれない。

だからお二人は、本にしたのでしょう。

「文字」におこすと、それだけで耳からではなく視覚から脳に入ってくる。

だから私は本が好きなんだと思う。

良い本です。

読んで見たらわかると思います。

でも出来たら、耳から直接聞いてみたいのです。



はたらくきほん100 毎日がスタートアップ
野尻哲也
マガジンハウス
2017-09-21



koideroll at 14:31|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 | 

2022年07月20日

少しでも前に

5月にメインマシンRG20BNが稼働し、6月に『機械要素技術展』を終えて、当社がこれからやるべき
課題達成に向けて、少しづつスタートしていこうかと思っています。

創業108年と言ったって、まだまだ全然です。

まだまだひよっこです。

やれるかどうか分かりませんが、この2022年から少しでも前に進んで行こうと思っています。

少しでも前に、半歩でも前に。

必ず思えば叶うのですから。

koideroll at 11:02|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2022年06月22日

第27回機械要素技術展

6/22(水)〜24(金)の3日東京ビックサイトで開催される『第27回機械要素技術展』に、4年ぶりに出展しています。
初日の今日は、沢山の来展者の方がブースにお見えになって頂き、久しぶりの熱気となっておりました。
ぜひ皆様、東京ビックサイト東6ホールの東41-38にお越し頂さい。
IMG_3257
IMG_3263
IMG_3264
IMG_3237



koideroll at 19:26|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2022年05月21日

RG20BN稼働‼️

先月入っていた、当社のフラッグシップマシンである大型研削盤RG20BNが正式に稼働がスタートした。

精度は格段なアップしており、これからかなり期待出来るマシンです。

今まで以上に、これからの小出ロールの屋台骨となってくれるのは間違いないと思います。

フラッグシップマシンは、やはり尊さと尊厳をかね備えているべきと考えて、この工作機械では珍しいカラーである紫にしました。

どことなく、エ○ン○リオン初号機な感じがたまりません。

IMG_0988
IMG_0987


koideroll at 19:18|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2022年04月27日

Cominng soon5

今日の日刊工業新聞に、弊社の記事が掲載されています。

今回新規設備をした、弊社フラッグシップマシンである唐津プレシジョン製RG20BNの全容が、カラーで掲載されています。

なぜ今この時期の投資であったのか。

なぜ唐津プレシジョン製としたのか。

そしてこの大型研削盤は、何が出来るのか?

そしてこのRG20BNに対しての思いを、私と唐津プレシジョン竹尾社長が対談しています。

41年ぶりに、新たに生まれ変わったRG20BNは、この5月に正式に稼働します。

koideroll at 14:17|PermalinkComments(0)clip!

2022年04月07日

最近読んだ本207。5

今回の本は、『91歳。一歩一歩、また一歩。必ず頂点に辿り着く』道場六三郎著KADOKAWA。

多分私と同世代の人ならば、1990年代一世を風靡した超人気テレビ番組『料理の鉄人』で、和の鉄人
として多くの挑戦者を撃破していた、料理人道場六三郎さんです。

この番組は、収録のその場でテーマ食材が発表されて、その食材に合う料理を時間内に作って、挑戦者の料理と鉄人の料理を審査員が判定するという番組です。

若かった私は、面白くて毎回欠かさず見ていました。

ただ若すぎていたので、それほど美味しい料理を食べた事が無かったので、実際に自分の舌で味わったことのない食材や料理だったので、何んだか分からないが美味しそうとか、いつか食べてみたいななって思いながら、見ていたことを思い出します。

そんな鉄人道場六三郎さんの、91歳という。

何人かのお弟子さんのお店は、言った事が有りますが、どちらのお店もとてもおいしいお店で、道場さんの教えが浸透されています。

ほとんどお店には立たないみたいですが、今はYouTube番組『鉄人の台所』で10万人のフォロワーがいるほどの番組を発信されています。

この本を読んで、出会ったことのない道場六三郎さんですが、顔に出ているお人柄が間違えなかったと、つくづく実感しました。

道場さんは、著書の中で「過去にとらわれず今を生きる」言っています。
この言葉が、今の自分に一番身に沁みました。

とてもいい本でした。機会が有ったら読んで見て下さい。






koideroll at 13:59|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 | 

2022年03月14日

今日はランドセル🎒

ご安全に。
今日、社員2名の第二子へ、ランドセルをお渡ししました。

2人とも2回目の授与らしいです。

今年はこの時期に渡す事になりましたが、オーダーだと時間がかかるみたいです。

でも毎年の事ですが、喜んでもらえて嬉しいですと言ってくれる社員がいる事は、とても社長冥利に尽きます。


IMG_0729


IMG_0731




koideroll at 14:35|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2022年02月28日

Last day5

今日2月28日で今期が終わる。

そして今日の期末最終日で、一台の大型研削盤が仕事を終える事になる。

そう彼の名は、唐津鐵工所製『RG16A』である。

当社創業初の超大型研削盤であり、今日の日まで、当社のブラックシップマシンであった。

今日で、41年間の長い間の仕事を終える事となるのです。
41年間と言えども、当社は二交替をしているので、それを考えると80歳以上ではないか。

そんなメインマシンであるRG 16Aの功績は、どれだけ我が社にとって貢献してくれたものだろう。

今回工場長の発案で、今日という日に、日勤社員全員で、このレジェンドRG 16Aに感謝の気持ちを示すセレモニー行った。

良い提案です。

めちゃくちゃ嬉しいかったです。

この機械導入時、初代オペレーターであった部長からのスピーチは泣けてきましたね。

ただこのRG 16Aは解体されますが、その機械を支えて続けてきた機械基礎は、新たに導入する機械に受け継がれるのです。

これからは、グレードアップした新たなRG20BNが、何十年も当社を支えてくれるはずです。

IMG_0079
FullSizeRender
IMG_0067
IMG_0060
IMG_0051


IMG_0059




koideroll at 11:09|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2022年02月24日

最近読んだ本206。4

今回の本の紹介は、前回に引き続いて仏教系の本。

『マイ仏教』みうらじゅん著 新潮新書です。

前回の笑い飯哲夫さんの般若心経の本から、今度はみうらじゅんさんの仏教の本。

これがまた、めちゃ分かりやすくて面白い。

一気に読んでしまった本です。

般若心経の本もですが、宗教系の本これは仏教に限らず、キリスト教イスラム教等々国内の宗教問わずに、基本的知識ベースが無いといささか入りにくい分野です。

何事もそうですが、私みたいにあまり利口ではない人間が、やっと興味を持ち始めた時、基礎系の本を読んで見て、必ず挫折してウキペディア等々のネット見て済ませてしまって、知ったふりしてしまって、実は何も残っていませんでした、なんてよくあると思います。

これは何事にも言えますが・・・

しかし今回の本は、めちゃ分かりやすいし、頭に入りやすい。

しかも、実はみうらじゅんさんが仏教少年であり、中高一貫の仏教系男子校であった経緯など、幼少期から何故仏教が好きになったかを、とてもコミカルに背景も分かりやすく書かれていて、非常楽しい本でした。

そもそも私は、みうらじゅんさん自体が好きな事もあって、この本を読んで見て、仏教がちょっとだけ分かったような気がしてます。

皆さんもぜひ興味が有ったら、お手に取ってみて下さい。


マイ仏教 (新潮新書)
みうらじゅん
新潮社
2012-07-01



koideroll at 08:09|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 |