※只今YouTubeにて公開中。

2017年06月30日

仕事を面白いと言えるか?4

先日、お客様を訪問した際、たまたま20数年前にとてもお世話になった方に、偶然お会いしました。

20数年前当時、その会社と取引がスタートし初めで、当社として新たな業界参入と言う事も有り、何が何でも定期に取引をして頂ける様にと、営業現場一帯となって頑張って対応していた。

しかしその仕事の品質は、今までの業界と違ってとてつもなくレベルが高く、恥ずかしながら何度も不良を出してしまったのでした。

それでも、厳しい指摘や取引停止となるのではないかと言う重大な不良を出してしまっても、営業担当の私は、何度も頭を下げ、そして社内製造担当と夜遅くまで再発防止対策を練り、お客様に説明し、何度もチャンスをもらえる様にお願いをしたのです。

今は既にご引退されているその時の発注担当者の方から、お返しきれない程のチャンスと御指導を受けたのです。

後にその方から聞いたのですが、『当時、あのような状態の時、よく小出さんは逃げなかったよね。』『担当のあなたが、素直にうちの仕事をやり遂げるんだと言う、強い意志を感じたから』『だから、取引停止にならなかったんだろうな・・』と言って下さいました。

その言葉を聞いて、正直嬉しいと言う感情より情けないと言う感情の方が、上回ったような気がしたのだ。

その時代、本当に大変で苦しかった。

毎日毎日、出社すればクレームやトラブル。

めちゃくちゃハートの強い私でも、心が折れそうであった。

ただ、この担当者の居る会社には、迷惑をかけたくないという思いだけで、心折れずに仕事に没頭できたのかもしれない。

そんなトラブルのさなか、その担当者指示で、偶然自宅が当社に近いと言う事で、ちょくちょくサポートや指導に来てくれた方が、偶然お会いした方であった。

当時若いエンジニアであったその方は、何かある度に、当社に来社してして担当の私と夜遅くまで打合せをしながら、解決策を必死に見つけていたのです。

そんな時代を共に経験した方に、『当時は大変お世話になりました。そしてご迷惑をおかけしました。』とお話したら、『そんな事はないよ、もう小出さんには助けてもらっているんだから。』と言って下さいました。

20年以上も前から比べれば、当社も品質技術も格段に上がってはいると思います。

そして、そのお客様のお仕事をさせて戴いたおかげで、今の小出ロールの技術が有ると言っても過言ではないと、正直に思っているのです。

最後に、こうも言っていただきました。

『小出さんには、おにぎりもらったりして、よくやっていたよね。』

『でも、当時面白かったよね・・!』

あんなに、ご迷惑おかけしておいて、『おもしろかったよね』と言って下さった。

そう思うと、私も今思い起こせば・・・

当時は、『おもしろかった!』と思えます。

クレームとかトラブルと言う事ではなく、当社の社員には、『おもしろかったな』と言える仕事をしてもらいたい。

面白い仕事とは、お客様の為に、どれだけその仕事に思いを込めて、真っ直ぐに正直にそして素直に、向き合っていくかだと思うのです。

さあ〜皆、私と一緒に面白い仕事やりましょう!



koideroll at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

最近読んだ本146。3

今回の本は、『ロケット・ササキ』 大西 康之 著 新潮社です。

ジョブズや孫正義に多大な影響と尊敬された日本人、佐々木 正氏。
シャープの時術トップとして、多くの開発に携わりそして、日本の弱電技術を世界の最先端まで引き上げた男の反省が描かれている。

現在没落してしまったシャープに対して、101歳を超えた彼が何を思うのか?

だだ、その功績(光)だけではない、なるべくしてなってしまったその裏側に、興味があるのだが。






koideroll at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 | 

2017年06月22日

機械要素技術展

昨日初日の東京ビックサイトで開催されている【機械要素技術展】は、あいにくの悪天候に関わらず、昨年の初日の来場者数を大幅に上回り、順調な滑り出しとなららました。

本日中日は、天候も回復する予報ですので、初日以上の来場者数を目指します。

6/21〜6/23まで、まだ2日間開催しておりますので、まだお越しでない方やご興味のある方は、是非東京ビックサイトに!

image


image


koideroll at 08:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 

2017年06月21日

第21回 機械要素技術展

本日6/21〜6/23の3日間、東京ビックサイトにて開催されます【機械要素技術展】に出展致します。

今年で出展4年めとなり、ブースも少し広めとなり、数多くの加工サンプルや映像をご覧いただけます。

東4ホール 小間No.70-26にて、お待ちしております。

あわせて弊社ホームページを、本日からリニューアル致しました。

是非ご覧下さい。



koideroll at 06:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月05日

川津温泉郷 湯ヶ野温泉 『福田屋』

この週末行って来ました、日本秘湯を守る会の会員宿、川津温泉郷 湯ヶ野温泉の福田屋さん。

川津駅から内陸に入るのですが、今回修善寺方面から南下して、あの名曲の『天城越え』の浄蓮の滝やら見ながら、ゆっくり探索がてら、目的のお宿 福田屋さんへ。

この福田屋さん、川端康成の『伊豆の踊子』の舞台になった宿として、有名なお宿です。

この宿に泊まった川端康成が書いたのが、数多く映画化された、伊豆の踊子なのです。

私にとっての伊豆の踊子のヒロインは、初代 鰐口晴子でも無ければ、国民的アイドルの2代目 吉永小百合でも無く、私達同世代のアイドルである 山口百恵さんですな。

当時は、内容分からずに、見ていたのですが。

こちらの温泉は、源泉掛け流しの榧のマス風呂と内湯と露天風呂です。

今回早速、使いましたよ、お風呂用メガネ。

お陰で曇ること無く、危ない階段を転がる事無く、じっくり浸かる事が出来ました。

部屋には、しっかり川端康成の『伊豆の踊子』の単行本が置いてあり、学生以来読んでいなかった伊豆の踊子を、もう一度読んで見ました。

最近この手の、純文学を読んでいなかったので、川端康成の描写や表現の仕方に、今の時代に無い聡明で日本人の情緒感などが、作品に散りばめられていると感じた。

最近ご無沙汰の、日本人の純文学ももう一度読んで見たくなったのです。

今回、温泉と観光と歴史ある宿と文学と、一度に触れる事が出来、とてもリラックス出来た休暇でした。

image

初 浄蓮の滝。

image

福田屋の手前の橋。

image


image

作品にも出ていた共同浴場。

image

福田屋 入り口から。

image

榧のマス風呂。

image


image


image





2017年05月22日

天津神明宮

先日我が千葉県の鴨川市にある、天津神明宮に行ってきました。

最近は、パワースポット流行りで、意外と知られた存在らしいのですが、私は初めての参拝。

800年以上の歴史のある神社で、天照皇大神.豊受大神.八重事代主神.大山祇大神など七柱の神を合祀されいて、『房州伊勢の宮』と言われているそうです。

またお水取りの『御神水』や、お砂取の砂もあり、お水はペットボトルに入れ帰宅してから、お茶を入れいただきました。
そのままでもとても美味しい、軟水の水です。

千葉の房総にいる今となっては、千葉県内にある神社巡りするのも、気持ちも落ち着き、とてもリラックス出来き良い事だなと。

休んでいると、偶然にも神主さんとお話しが出来て、とても温かみのあるフランクな方で、地域の話しや美味しい食事処を教えていただきました。

下の画像が、教えていただいたお店『地魚料理 船よし』さんです。
image


image


この神社は、何故だか心休まる、ずっとゆっくりしたい場所でした。

image


image


image


image


この画像は、神主さんが毎月書かれている
『神訓』だそうです。
せっかくなんで、戴いて帰りました。

image



koideroll at 07:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 | 神社

2017年05月14日

これで秘湯も怖く無い!

最近、知り合いの温泉好き社長から、『秘湯を守る会』の話しを聞いてから、そこまで温泉好きでもなかったのだが、此の所ちょくちょくたまの休みに、結構な秘湯に行くようになったのです。

ただ私小出は、若かりしき頃の勉学のせいで、超ど近眼、はたまた超乱視、極め付けに最近の加齢せいで老眼と、三拍子揃ってのビンゴ!

いつも使ってる眼鏡や古い眼鏡で、はいれば良いと思われている、そこの貴方!

眼鏡のヒンジは、金属です。

硫黄だと、錆び錆びです。

ど近眼の大事なまたまた、超薄型レンズに、乱視に老眼三拍子を網羅したレンズときたら、げ〜ってびっくり、お目目飛び出す位の高額商品です、お風呂なんざにゃ入れさせられますんよ。

それにまた、いくらお古の眼鏡とは言え、苦楽を共にした、私にとっての戦友である眼鏡ちゃんを、熱く硫黄のくすぶる劣悪環境にお供さするぐらいなら、ゆっくり休んでもらいたいと、思ってしまう私なのです。

そのせいで、風呂・銭湯・はたまた温泉なんぞ行った時に、入浴する際は裸眼で入るのです。

そりゃ〜、全体ぼゃ〜っとして、外観がかんとなく分かる程度で御座います。

つるんと滑って転んだもんなら、この歳ですので、結構痛手を負いかねません。

なので、本当はお風呂は、ヒヤヒヤなのです。

しかし、秘湯巡りする様になって、温泉の良さも知り、行くようにになると、ある問題とぶつかったのです。

秘湯は、暗い❗️

秘湯は、滑りやすい❗️

秘湯の脱衣場は、分かりづらい❗️

秘湯に行くには、階段が多い❗️

秘湯の湯船は、ヌメッとした木製や石造りの湯船が多い❗️

だから、最善の注意を払いながら、足さばきもおじいちゃんの様に、ツタエ歩きしながらたどり着く始末。

うっ、情けなや情けなや。

ところが、九州に単身赴任している大学時代の友人N君から、温泉好きだとの話しを聞いたさい、彼もまた私と同じ、近眼で眼鏡オヤジなのである。

その彼から、いい眼鏡あるよ。

風呂用眼鏡が!

な、なんと!

うすら覚えでしたが、ネットで見つけました。

メガネの愛眼から出しているメガネ、『アイガン FOR ゆ』!

なんとまた、このネーミング、笑ってまうほど、キャッチーじゃないか!

それに、金属を使用していないからサビない、軽い、熱に強い、また度数が選べると!

多少でも見えれば、世界が変わるだろう。

早速今日、家の近所の店舗を探して、いざ!愛眼へ!

有りました!

試しに店舗でかけてみたら、いけるじゃないか。

勿論、早速購入しました。

それでもって、家の風呂で試しに使用。

とても良い。

変わりますぜ、これからの、私の温泉巡りが。

次回の温泉のご報告の際には、メガネレポ付きとします。

image


http://www.aigan.co.jp/foryou/




2017年05月11日

再生医療『リソークリニック◆5

なんと!
このBlogでご紹介した、『リソークリニック』さんが、5月10日 日刊工業新聞 19面に掲載されてました。
やはりこれからの医療と実感しました。

image


koideroll at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 

2017年05月03日

再生医療『リソークリニック』

先日知人の紹介で、開業して間もない珍しい医療クリニックを訪問した。

大学病院で整形外科医としての多くの関節痛の手術経験から、手術方法以外で患者さんに対して不安な手術と、もっと違う治療法は無いかと悩んだときに、再生医療に巡り合ったらしいです。

実際海外では多くの症例もあり、これどんどん進化する医療との事です。

再生医療と言うと、IPS細胞やらES細胞やらと、近年多くの症例が発表されているが、実際の所どんなんだ?って感じですね。

このクリニック『リソークリニック』は、特にひざ関節に特化したクリニックです。磐田振一郎ドクターにお話を伺った所、ひざ関節の再生医療では、ヾ敢挧治療法 ∪長因子注入 フェニックス注射 と3種類、そして手術という手段の人口関節手術と関節鏡手術になるらしい。

誰でも、手術はしたくないですよね。

関節特にひざ関節は、多くの人が治療に苦慮して苦しんでます。

実際私も、学生時代のスポーツの古傷の悪化や年甲斐もなく始めた新たなスポーツで無理を強いたせいで、今はあまり激しいスポーツをしていません。

スポーツだけだもなく、怪我や加齢などで、すり減ってしまった軟骨なども、ひざ関節液から細胞を培養し、それをひざ関節に注射し、軟骨再生が出来る幹細胞治療法は、手術をする事無く治療が出来る見たいです。

実際私が治療した訳でないので、分かりませが、今の最先端医療がここまで身近になっており、藁にもすがる思いまで悪くなれば、チャレンジしてみるつもりです。

実は医者と言えば、最近某有名な医者の回診に立ち会った際、人として傲慢で上から目線の医者に会った事で、医者のイメージガタ落ちだったのです。

そんな事があって、最先端医療の医者なんて、どんだけ横柄な医者なんだと思ってました。

私は、浅はかでしたね。

このクリニックの院長磐田ドクターは、経営者として多くの人と出会って話しをした事のある私ですが、これほど初めてお会いして医者!っ呼び捨てする様な人ではなく、『お医者さん』『先生』と言える、患者さんに寄り添う思いが伝わってくる人でした。

そして、このリソークリニックのリソーの意味は、

(R)esponsibility 最後まで責任を持ち
(I ) nteraction 人と人のつながりを大切に
(S) olution 痛みやつらさを一緒に解決し
(O) rigin 関節外科再生医療の起源を目指
します

これからの最先端医療に触れ事から、当社の技術や質やグレードも、最先端と言われる様に成らなくては。

ドクター磐田、頑張って下さい。

その志しに触れ、とても沢山の刺激とエネルギーを頂戴しました。
image


image


image



koideroll at 13:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2017年05月01日

博多 かねふく ふく竹4

先日東京駅に行った際、少し気になっていた店でランチを。

東京駅八重洲地下街のにっぽんグルメ街道にある、『博多かねふく ふく竹』で焼き鮭めんたい御膳ランチを。

明太子屋さんのお店だけあって、明太子も多くて、イカ明太子付き。

とても美味しく、おかずの量も多くて、ご飯足りなくなります。

実は、並びの店の崎陽軒のシュウマイBARに行くつもりだったのですが、eat-inスペースが狭く満席だったので、諦めて入ったお店だったのですが、大当たりでした。

image


image


image