※只今YouTubeにて公開中。

2019年03月22日

イチローお疲れ様でした。5

昨夜、シアトルマリナーズのイチローが引退した。

日米通算4367安打や数々の記録を生んだイチローが、生まれ故郷のこの日本でバットを置いた。

海を渡った多くの日本人選手の中で、正直熱狂的なイチローファンでもないのだが、何故だか彼の行動言動にいつも惹かれていたし、尊敬をしていた。

日本プロ野球から初めてメジャーの道を切り開いた野茂英雄や大好きな巨人からヤンキースで活躍した松井秀樹、多くの日本選手がベースボールの国アメリカで活躍し、多くの野球ファンを魅了してくれたいた。

その中ででもまた、イチローは特別だった。

プレーの凄さや、アスリートとしての姿勢はもちろんであったが、そのインタビューの言葉の意味が、常に私を魅了していた。

彼の本も良く読んでいたのだが、会見はまた特別に心に刺さってくる。

昨夜の会見では、やはり凄いなイチローと改めて感じた。

記者からの質問に、「・・・確かに最低50までって本当に思っていたし、それは叶わずで。有言不実行の男になったわけですけど、でもその表現をしてこなかったらここまで出来なかったかなという思いもあります」

この後の言葉が沁みたんです。

その通りだなと。

『言葉にする事。難しいかもしれないけど、言葉にして表現する事というのは、目標に近づく一つの方法ではないかなという風に思っています。』

そうなんですよね。

言葉にする事、これ皆躊躇するんですよ。

なんか変に気を廻してしまって。

目標に近づく方法って、良いこと言うじゃないですかイチロー。

今朝また、会見の動画みて、そして会見全文を読んで見た。

この人45歳?

いやはや、1時間20分にも及ぶ会見は、彼のとてつもない思いを感じられた。

私が言うのもおこがましいが、お疲れ様でした。

そして有難う御座いました。

これからは違った立場で、また輝き続けて下さい。


多分また引退に絡んだ本が、たくさん出版されんだろうな。

また買ってしまうだろうな。





koideroll at 08:48|PermalinkComments(0)clip!社長日記 | 社長の日記

2019年03月05日

全社員集会と‥5

昨日今期第一回全社員集会を開催しました。

先ずは、企業交流研修生の自己紹介とその会社の紹介DVDを見る。

話には聞いている会社ではあったが、画面上の迫力ある製造過程に、全社員皆釘付けであった。
FullSizeRender


その続きに、私がどうしても社員に見てもらいたかった海外同業加工メーカーの動画を見てもらった。
国内外で独立系同業社は、あまりないとの認識でしたが、やはり世界は広い、広すぎだ。

認識を新たにさせられる、動画を発見したので、是非紹介したく流させてもらう。

やはり、目が点になってる。

かなりの、インパクトあり。

動画内だけで判断すると、仕事内容は当社とほとんど同じ仕事だった。

まだまだという事です。

IMG_5377

そのあと、先週末お客様からいただいた表彰状の報告がありました。

自分自身が開拓した初代担当営業としても、とても誇らしい表彰状でありました。

実は担当営業も、当日まで知らされてなかったみたいですした。

FullSizeRender


そして管理職からの前期の検証と今期の部門方針を発表。

なかなか的を得ている検証であった。

今期方針も、今までに比べて具体的現実的になっており、今期目標達成へ向け現実的になり得るだろう。

IMG_5380
IMG_5382

そして私の先期報告と今期の方針発表を。

先期やっと掴んだ目標から、『達成からの更なる飛躍へ』向けて、なお一層努力しなければならないのです。

そしてこれから、この方針をしっかりと実践して行く事で、この先の我々が常に掲げている目標達成する為の、基礎固めてなるのです。

IMG_5399
IMG_5395

そして最後に、先期目標達成した事への、全グループ社員への感謝の気持ちとして、期末賞与を支給する事としました。

IMG_5486
IMG_5485
IMG_5459

既に新たにスタートしております。

この全社員に感謝と、全てのお客様あってこそだと思うのです。

本当にありがとう御座いました。









koideroll at 10:39|Permalinkclip!社長の日記 

2019年03月01日

新年度スタートと企業間短期研修生受入。5

昨日の2月28日で、前期が終わった。

多くのお客様のお蔭で増収増益となった。

そして、社員とずっと目指していた高い目標を、超える事が出来た。

小出ロールを信頼していただけたお客様はもちろんですが、大切な仕入先・協力会社の方々による多大なるサポートがあってからの結果だと思っています。

正直嬉しかったです。

営業部と製造部皆の労をねぎらい、一緒にこの喜びを分かち合った。

今回の結果は、全ての小出グループの社員が今年こそ結果を出そうと、必死に頑張ってくれたお陰なのです。

前期は正直、今までになく苦しかった。

そして長かった。

フラッグシップ機の3週間にも及稼働休止、他の機械設備の故障、多くのトラブルを抱えながら、何とかなると全社員が信じた事で、この結果が生まれたのだと思う。

昨年のこの時期のblogを読み返したら、あと一歩のところで目標未達となり、その時の原因をクリヤしやり遂げたなら、目標達成出来るだろうと書いてあった。

その通りとなった。

まだまだやり残した事はあるし、やるべき事も山積みではあるが、今回後半へ至る怒涛の追い上げは、近年まれに見ないペースの稼働率であった。

今考えると、これは全社員一丸となって同じベクトルに向かっていった結果であったんだと思う。

本当によく頑張ってくれた。

有難う御座います。



そして今日から一ヵ月間ではあるが、1人の仲間が当社で研修を行ってもらう事となった。

近隣の会社の社員の方を、当社に実作業を含め研修という形で働いてもらう、分かりやすく言うと『企業間短期研修』です。

先方の社長とは、公私ともに親しくさせて頂いており、とても信頼できる社長です。

たまたま会食時に自社の社員教育に関して熱い議論をした際、以前やはり親しい社長の会社に社員を研修に行かせてたのがとても良かったとの話を聞き、是非我々の2社間でもそれがやれないかと私から提案したのです。

中小企業の場合、研修や勉強会など、短期に外部で学ぶ事はあるにせよ、ほかの会社に行って、その会社の業務を直に従事させてもらう事などありえない。

だからこそ、学べる機会を社員に与えられるのは、社長だけの仕事であるので、直ぐにその場でお願いしたのです。

結果、その話から直ぐに、このプロジェクトはスタートしたのです。

そして、昨年当社のCNCオペレーターが、先に先方の会社に同じく一ヵ月研修に行き勉強をしてきたのです。

彼は、自社での加工以外の加工機を操作したり、当社でやる事の無い仕事に従事したりと、一ヶ月間の短い期間の中で、多くの経験をしてきたのです。

当社に戻った彼の成長は、とても嬉しくも頼もしくもありました。

今日からは、その先方の社員の方が当社で勉強をしてもらう番です。

1つでも何か感じて成長してもらえるような研修としたいのです。









koideroll at 11:10|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2019年01月31日

最近読んだ本159・160。5

今回の本は、二冊のコミック。

先ずは、『US-2 救難飛行艇開発物語  ´◆抃酖臈瀑鹵 小学館です。

海上自衛隊の海洋救難艇である、US-2の開発物語である。

開発に携わる人たちの思いや、開発の過程が明確に描かれている。

また、多くの設計図面も描かれており、飛行機好きにはたまらんコミックです。






もう一冊は、『ソラモリ』原作 村上もとか 漫画 千葉きよかず 集英社。

航空自衛隊の戦闘機パイロットになる事を夢見た青年の物語。

これまた、飛行機好き特に戦闘機好きマニアには、とても面白いコミックだと思います。




koideroll at 15:13|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 | 

2019年01月17日

最近読んだ本157・158。4

今回久しぶりの本の投稿。

相変わらず多くの本を読んでいたのですが、ブログでの紹介をさぼってしまっており、今回その中で2冊投稿します。

先ずは、『イオンを創った女 評伝小嶋千鶴子』 東海友和著 プレジデント社です。

この本は、日ごろから御指導を受けている先輩経営者の方から紹介して頂いた本です。

この小嶋千鶴子さんは、流通大手イオングループ創業者の岡田卓也氏の実姉であり、イオンをかぎゃうから企業へ発展、そしてイオンの精神を築いた経営者である。

この本を読むまで、恥ずかしながらこの「小嶋千鶴子」という御仁を知る由もなかった。

よんでみて、彼女の生い立ちから、家業である岡田屋をしっかり守り、年の離れた弟である岡田卓也氏に任す事が出来るまで、自ら切り盛りしたその手腕が掛かれており、今の時代にこそ必要とされている経営哲学が書かれている。

中でも、『現場は宝の山』であり、常に従業員と会ったとき彼女は、「問題あらへんか?」と聞いて回る。

これには多くの意味があり、現場の問題への意識・関心を探る事。そして、その従業員の状況を把握する事らしい。

また、『モノの見方・考え方の原則』では、「意思決定で迷ったときには長期的にかなうかどうかで決める」。
モノの見方の三原則として、一つ目は物事を長期的に考え、二つ目は根本的に考え、そして三つ目は多面的に考える事だと言っている。

ホントもっともの三原則ではあるが、なかなか三つ一緒には難しのです。

この本を読んで、おおくの忘れてしまっていた事やなっとつ出来る事が、小嶋千鶴子さんの言葉で書かれている。

後何度か読み込まねばと思う一冊でした。

イオンを創った女 ― 評伝 小嶋千鶴子
東海友和
プレジデント社
2018-10-30




二冊目は、『ルージュ 硝子の太陽』 誉田哲也著 光文社文庫です。

今更ですが、ストロベリーナイトシリーからスタートした警察小説である、姫川 玲子シリーズの第八弾です。

個々でとにかく書くものではないのですが、このシリーズ好きですな。






koideroll at 10:47|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 | 

2019年01月10日

長い間有難う御座いました。5

長い間当社がお世話になっていたお得意様の担当者Sさんが、昨年の12月に御勇退された。

年が明け、この一月にとてもご丁寧なお手紙を戴いた。

この方以外にも、この会社の多くの歴代の技術・生産系担当者の方々には、多大なるご愛顧をいただき、そしてまた、時には厳しく当社を育てて下さったのです。

20数年前の不況時に、とにかく仕事が欲しくて、その業界を何も分からず飛び込んで行った、一営業の私であった。

何とかなると、高をくくっていたのだ。

身の程知らずと、この時初めてその言葉の意味を知った。

打ちのめされ、またチャレンジし、そしてまた、打ちのめされた。

正直言って、ずたぼろだった。

何だか今思えば、ロッキーのようだった。

ロッキーと何が違うかと言えば、戦う前の準備が足りなかった事と、何も理解していなかった事だ。

ただ、諦めない気持、いや、諦めきれない「執念」だけは、幸いにも私にはあったのだ。

そんな私を、歴代の担当者の方は、支えてくれてそして厳しく育ててくれた。

そんなSさんの手紙には、私や当社への感謝の言葉が手紙に書き綴られており、読んでる私も目が潤んでしまい手紙が読めなくなってしまった。

我々が、お客様に対して感謝を述べるのは当たり前な事であるが、お客様からこの様に感謝の言葉の数々を手紙に込めて頂けたという事は、私も当社も、なんて果報者で、なんてお客様に恵まれたのかと、本当にしみじみ思うのです。

そんな社員の方が働いている会社のお手伝いが出来た事を、我々は幸せに思わなければらないのです。

これからも引き続き、今まで以上に品質を高め最善最高のサービスをさせて頂きます。

Sさん、長い間お世話になりました。

小出ロールを代表して、感謝申し上げます。

今年からゆっくりされるみたいですが、くれぐれもお身体には、お気をつけ下さい。

そしてお近くにお越しの際は是非、お立ち寄りください。

本当に有難う御座いました。







koideroll at 13:00|PermalinkComments(0)clip!

2019年01月04日

2019年 謹賀新年

新年明けましておめでとう御座います。

旧年中は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

今年2019年は、第二創業5年目の節目の年となります。

全グループ社員一同、全てのお客様のサービスの為、邁進してまいります。

今後も変わらぬご厚情を賜ります様、お願い申し上げます。

謹んで新年のご祝詞を申し上げます。

                                    2019年 元旦       小出明治
                                                   


koideroll at 15:09|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2018年11月06日

縁の深さを感じる4

最近、嬉しい報告がちらほら聞こえた来るのです。

仕事で御縁が出来た方から相談された際、私の知人を紹介させて頂き、その方々がのちにお仕事をする様になったとか、助けてもらったよとか、これから一緒にプロジェクトをやる様になったとかの、ご連絡が多々ありました。

その御縁が、一度や二度ではないのです。

お客様だけでなく、知人や友人などや、そのまた知人などの方々と、私の知り得る事をお話しをさせて頂いておりました。

何か目当てで、ご紹介をするのではなく、お困りの方にお役に立てたらとの思いで。

これが三方よしなのだろうか?

それにしても、嬉しい報告が沢山あったな。

そこで自分は?とは思っちゃだめなんですよね。
私はまだまだ修行がたらんな。

自ら謙虚に素直な心で。





koideroll at 17:15|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2018年10月16日

熟成の先にあるものとは?4

今日いつお世話になっている会社の社長が来社され、今月で会社が創業30周年となったと、そのご挨拶で来社された。

先代社長からバトンタッチされた現社長が、先代の意思を引継ぎつつ独自の経営で、確実に業績を伸ばしてこられている。

若い社長といつも話をすると、お客様に対しての姿勢や、社員の為何が一番良い事なのかを、試行錯誤頭を悩ましながら、一歩一歩ゆっくりと、しかし着実に進んでいるように見える。

そんな若い社長と話を聞くだけで、正直、刺激とやる気をもらっているのです。

当社は、創業100年を超えた時で、100という桁をやめて、第二創業という位置づけで再スタートし、現在4年目の会社です。

事業を長く継続する事の素晴らしさや、難しさは計り知れない事だと、子供の頃から肌で感じて生きてきている。

だからこそ、知らないうちにメガネが曇り、周りがぼやける前にと、第二創業と言っているです。

今の時代、30年継続している会社であっても、ホント長い会社だと思う。

だからここからの10年が、一番厳しく難しい時期となって来るのではないでしょうか。

それをどう乗り越えていくかで、また違った道が見えるのではないでしょうか。

私にとっては、6年後の第二創業10年目に、どの様な成長した姿にするかが先ず課題である。

老舗企業と言われ、その会社が良い意味「熟成」されているのか?

良い意味、違った「発酵」をして新たな味が生まれ、お客様が喜んでいただけるのか?

それとも、手を入れなかった「熟成」と「発酵」のせいで、味が落ちて劣化し、お客様が知らないうちに去っていくのか?

「お客様」が求めている、その新たな味を生み出す事が出来るのは、歴史だとか老舗だからとか、若さとかAIだとかではないと思う。

ただ相手が思う事を、『くみ取れる』能力があるか、そしてそれを躊躇せずに実行できるか、出来無いかだと思うのです。

エイジングビーフが流行ってますけど、一歩間違えた処理すれば、不味いし、お腹壊すしね。

こんな偉そうな事書きながら、毎日試行錯誤している私です。



koideroll at 11:37|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2018年09月11日

創業104年目の朝。5

ご安全に。

本日、平成30年9月11日株式会社小出ロール鐵工所は、お陰様で創業104年をむかえる事となりました。

これは多くのお客様と仕入先・協力会社のご支援ご愛顧の賜物だと、心より感謝しております。

この創業104年は、今の社員と共にスタートした第二創業4年目ともなり、現在推し進めているリバースエンジニアリング事業と出張工事事業の新たな転換期となる年でもあります。

私自身も社員も、常に【反省】と【努力】を素直に出来る、人間として成長した上で、やりがいのあるそして今まで以上に待遇の良い、社会貢献の出来る会社になる様に、努力して行くつもりです。

ただ創業が長く続いている会社ではなく、新たに生まれてくるマーケット自体から必要とされる企業になる夢を、実現する為に邁進して行きます。

そして、仕事が楽しく感じる会社にする事、これこそが小出ロール第二創業で実現すべき事なのです。

有難う御座いました。



koideroll at 09:51|PermalinkComments(0)clip!