※只今YouTubeにて公開中。

2018年11月06日

縁の深さを感じる4

最近、嬉しい報告がちらほら聞こえた来るのです。

仕事で御縁が出来た方から相談された際、私の知人を紹介させて頂き、その方々がのちにお仕事をする様になったとか、助けてもらったよとか、これから一緒にプロジェクトをやる様になったとかの、ご連絡が多々ありました。

その御縁が、一度や二度ではないのです。

お客様だけでなく、知人や友人などや、そのまた知人などの方々と、私の知り得る事をお話しをさせて頂いておりました。

何か目当てで、ご紹介をするのではなく、お困りの方にお役に立てたらとの思いで。

これが三方よしなのだろうか?

それにしても、嬉しい報告が沢山あったな。

そこで自分は?とは思っちゃだめなんですよね。
私はまだまだ修行がたらんな。

自ら謙虚に素直な心で。





koideroll at 17:15|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2018年10月16日

熟成の先にあるものとは?4

今日いつお世話になっている会社の社長が来社され、今月で会社が創業30周年となったと、そのご挨拶で来社された。

先代社長からバトンタッチされた現社長が、先代の意思を引継ぎつつ独自の経営で、確実に業績を伸ばしてこられている。

若い社長といつも話をすると、お客様に対しての姿勢や、社員の為何が一番良い事なのかを、試行錯誤頭を悩ましながら、一歩一歩ゆっくりと、しかし着実に進んでいるように見える。

そんな若い社長と話を聞くだけで、正直、刺激とやる気をもらっているのです。

当社は、創業100年を超えた時で、100という桁をやめて、第二創業という位置づけで再スタートし、現在4年目の会社です。

事業を長く継続する事の素晴らしさや、難しさは計り知れない事だと、子供の頃から肌で感じて生きてきている。

だからこそ、知らないうちにメガネが曇り、周りがぼやける前にと、第二創業と言っているです。

今の時代、30年継続している会社であっても、ホント長い会社だと思う。

だからここからの10年が、一番厳しく難しい時期となって来るのではないでしょうか。

それをどう乗り越えていくかで、また違った道が見えるのではないでしょうか。

私にとっては、6年後の第二創業10年目に、どの様な成長した姿にするかが先ず課題である。

老舗企業と言われ、その会社が良い意味「熟成」されているのか?

良い意味、違った「発酵」をして新たな味が生まれ、お客様が喜んでいただけるのか?

それとも、手を入れなかった「熟成」と「発酵」のせいで、味が落ちて劣化し、お客様が知らないうちに去っていくのか?

「お客様」が求めている、その新たな味を生み出す事が出来るのは、歴史だとか老舗だからとか、若さとかAIだとかではないと思う。

ただ相手が思う事を、『くみ取れる』能力があるか、そしてそれを躊躇せずに実行できるか、出来無いかだと思うのです。

エイジングビーフが流行ってますけど、一歩間違えた処理すれば、不味いし、お腹壊すしね。

こんな偉そうな事書きながら、毎日試行錯誤している私です。



koideroll at 11:37|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2018年09月11日

創業104年目の朝。5

ご安全に。

本日、平成30年9月11日株式会社小出ロール鐵工所は、お陰様で創業104年をむかえる事となりました。

これは多くのお客様と仕入先・協力会社のご支援ご愛顧の賜物だと、心より感謝しております。

この創業104年は、今の社員と共にスタートした第二創業4年目ともなり、現在推し進めているリバースエンジニアリング事業と出張工事事業の新たな転換期となる年でもあります。

私自身も社員も、常に【反省】と【努力】を素直に出来る、人間として成長した上で、やりがいのあるそして今まで以上に待遇の良い、社会貢献の出来る会社になる様に、努力して行くつもりです。

ただ創業が長く続いている会社ではなく、新たに生まれてくるマーケット自体から必要とされる企業になる夢を、実現する為に邁進して行きます。

そして、仕事が楽しく感じる会社にする事、これこそが小出ロール第二創業で実現すべき事なのです。

有難う御座いました。



koideroll at 09:51|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月09日

最近読んだ本156。3

今回の本は、『下町ロケット ゴースト』池井戸潤著 小学館です。

下町ロケット第3弾が、また出版されちゃって、既にTVドラマ化決定してるらしく、性懲りもなく購入してしまいました。

何となく想像できたんですが。

作風から、新たな分野にチャレンジして、競合先が現れて訴訟になって、裁判になってとかなって思っていましたが、読んだら分かります。

一日で読んでしまった。

これは面白く書かれているが、マンネリかな。

私も結構な池井戸ファンなのですが、もうちょっとひねりが欲しかった。

それに中途半端な終わり方。

しかもこの秋に、第4弾『下町ロケット ヤタガラス』刊行決定とは。

だったら一冊にしてよ。

また買ってしまうだろうが。

下町ロケット ゴースト
池井戸 潤
小学館
2018-07-20





koideroll at 07:26|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 | 

2018年08月06日

最近読んだ本155。4

今回の本は、『日付変更線』 辻仁成 著 集英社文庫 です。

初め辻仁成さんの本を読んでみた。

『冷静と情熱のあいだ』は、映画化もされてヒットしたのだが、映画も小説も見てなかったのです。

この小説の題材が、私が大学時代から長年関係書籍を読みまくっている、アメリカ軍の日系移民で構成されていた442部隊となっていた事だったので、読んで見る事にした。

辻仁成っていうと、ECHOESのボーカルで中山美穂と三度目の結婚し、色々あって別れてと、小説に関しては読んだ事はなかったのだが、読んで見て意外と面白かった。

内容は、日系移民で構成されている442部隊をベースに、日系移民の苦悩より、戦争という事で精神的肉体的苦悩の状況下で、ハワイで幼馴染であった3名の若者が、時代に翻弄され隠し続けてきた秘密を、偶然という縁で彼らの孫たちに降りかかった出来事をシンクロさせていく物語である。

自分の好きな題材であったのだが、彼のテンポが面白く感じた。

最後の結末が、とても気になる終わり方だったので、まさか続編あるのかなとも思ってしまうのでした。





koideroll at 11:23|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 | 

2018年08月01日

最近読んだ本154。4

今回の本は、『八幡炎炎記』 村田喜代子著 平凡社です。

この本はある人から、紹介して頂いた本なのです。

たまたま酒の席で、業界も全然違う方と本の話になって、最近読んだ本が面白いからと紹介されたので、興味があったので直ぐにその場でAmazonで購入したのです。

やはり自分がいつも読んでいる作家やジャンルではない作品である事がまた、読み終えて面白かったと思える作品であった。

また題材で製鉄所の高炉の事や、地域が北九州八幡という所も、私にとって身近な題材であったのです。

書評ではなく、身近な人の紹介で読む小説が面白い事って、とても嬉しく感じるのです。

Tさん有難う御座いました。

また面白い本ご紹介お願い致します。

八幡炎炎記
村田 喜代子
平凡社
2015-02-13



koideroll at 08:51|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 | 

2018年07月15日

やっとゲット!

なんなだかんだあり、やっとこさやって来たこの餃子倶楽部カード!

記念すべき50周年バージョンである。

いろいろな人の協力のお陰で、私の手元にきたのだ〜!

また、これから餃子ロードを突き進みます。

さて、このストラップは、どこに付けようか?

FullSizeRender



koideroll at 19:45|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 | 好きな物

2018年07月09日

夏期賞与明細授与式

ご安全に。
先週末7月7日の七夕の日は、当社の夏期賞与支給日でした。

その夏期賞与明細授与式を、当日夕方から小出グループ三社の小出ロール、小出エンジニアリング、小出運輸の全社員出席で行いました。

まずは、参加できなかった社員に向けて、先日出展した機械要素技術展の詳細発表と、製造管理職による、客先での技術交流会の報告、そして私の賞与支給にあたっての私のメッセージ、最後に全社員一人一人手渡しで、待望の夏期賞与明細を渡したのです。

IMG_8477
IMG_8480
IMG_8478

今現実にお客様が当社に何をもとめているのか、当社と何が違うのかを、肌で感じたありのままを報告してもらいまさした。

そして、今年の夏期賞与支給するにあたり、今期目標値へ向けて、小出グループ三社がこれから何をすべきなのかを、しっかりと聞いて理解してもらいました。

IMG_8488
IMG_8490

現実をありのままのに受け止める心、そして現状を打破して今変える心を持たなければ、ただ暖簾の古いだけの会社となってしまう。

現在そしてこれからの未来に向けての小出グループになる為に、行動しなければならないと。

今年も小出グループ三社共に、賞与支給額アップが出来た事は、お客様があっての事であり、我々に関係する全ての会社の協力げあっての事であり、感謝しております。

やはり、汗水たらして働いた社員が報われる会社にしていくには、権利だけではなく社員全員が個人個人やるべき義務を達させ事で、幸せを掴む事が出来るのです。

それは、『お客様の為に、そしてお客様の向こう側の為に!』

IMG_8495
IMG_8498




koideroll at 07:07|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2018年06月29日

第22回機械要素技術展 御来場有難う御座いました。5

6月20日〜22日東京ビックサイトサイトで開催された、第22回機械要素技術展での弊社ブースに御来場いただき、誠に有難う御座いました。

出展も5回目となった弊社ブースは、製造業らしくない雰囲気を出したブースを、今回コンセプトとしたデザインにしました。

IMG_8332

IMG_8177


IMG_8211
FullSizeRender

これは、我々が考えるモノづくりが、既成概念にとらわれる事なく、新たな発想で第二創業の基礎固めが出来る様にと、今回大幅に変更しました。

御来場されたお客様には、とても評判が良く、スタッフユニホームも今回は皆Tシャツとし、
そのTシャツのロゴは、弊社小出ロールのロゴマークを分解したデザインとなっております。

IMG_8331

FullSizeRender


多くのお客様からの御相談やお問い合わせなどがあり、今一度弊社サービスの向上すべく、社員一同で努力していく所存です。

あらためて御来場された皆様方に、厚く御礼申し上げます。





koideroll at 15:44|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 

2018年05月29日

最近読んだ本153。4

今回の本は、『砂の王宮』楡 周平 著 集英社文庫です。

率直な感想ですが、面白く一気に読みました。

終戦直後の闇市から、巨大スーパーチェーンの社長となった主人公が、どの様に成り上がり成長し、そして隠さなくてはならない秘密が明るみに出そうになるスリルがある。

実在の関西のスーパーチェーンの有名な経営者をモデルとしているみたいだが、そこにサスペンスエッセンスを入れてあり、読み応えある一冊となってます。

皆さん是非どうぞ。



砂の王宮 (集英社文庫)


koideroll at 15:13|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 |