2006年10月

2006年10月30日

カンブリア宮殿4

 いつも楽しみにしている番組の一つなんですが、今日のテレ東『カンブリア宮殿』は、ジャパネットたかたの高田明社長でした。

 いつも楽しいトークで、お茶の間をワクワクさせている社長ですが、今日は違った一面を垣間見ました。

 風呂に時間がかかってしまって、残念ながら途中からの視聴でしたが、通販と弊社とは業態が全然違いがあるのですが、やはり【経営者】としての考え方は、非常に参考になりまた、同じ考え方をしている方だと思いました。

 まず感じたのは、商品を販売する仕方として、通常の商品の特徴をPRする売り方でなく、それは伝えていく仕方をかえて(説明の仕方)アピールして行くと言う、提案をしながらと言う方法。

 これは、特に弊社がまず第一にお客様に対して行っている、アプローチの一つです。弊社製品を販売しておらず、技術(加工)のみを提供しているわけですが、何か同じものを感じました。

 またこれから会社をどの様にしていきたいかとの質問に、会社を大きくしていくのではなく、100年200年続けていく会社にしてそして、世の中に必要とされる会社にして行くのが夢、そしてそれが、今一番の悩みと言っていました。

 今私が、一番考えて悩んでいる事と僭越ながら同じでした。
そして、会場の方からの質問に、出来ないを決めいるのは自分自身であり、まずやってみるそして、やり方を変えてみる最後には続けてみる。
なぜか、心にずっしと来ました。

 前このブログに書きましたが、たかた社長っていい顔してませんでした?
私、目がいいと思いました。何か眼力があって、そしてTVCMの時と違って、物腰が柔らかくて、穏やかそうで。

 テレ東って、いい番組やりますよね。これもそうですが、『ガイヤの夜明け』とか。



koideroll at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2006年10月27日

人相は人柄?3

 ここの所、忙しさにかまけてブログ更新が遅れてしまいました。

昨日は、習志野工場〜東京本社〜銀行〜習志野工場〜来客等で、バタバタしておりました。

来客の中で、久しぶりにお会い出来た方がいました。元々製鉄メーカーの方で非常にお世話になった方で、今は商社の千葉所長をなさっている方です。

現在は、売り買い両方でのお付き合いとなっており、先日は業界の動向・原材料の動向等の色々な意見交換をさせて頂きました。

其の方とは、年に何回かしかお会い出来ませんが、毎回お会いする度に非常に多方面で勉強になり感心します。

それは、仕事上だけでなく、何時も『驕り高ぶった態度が一つも無く、常に柔和な顔』であり、『人柄』という事です。

最近自分自身も、人並みに年を重ねていくうちに、人の『人柄』が『人相』に表れて来る物だと、常々思うようになりました。

人と初めて接する時、やはり相手に対しては、第一印象が一番大事ではないでしょうか。やはり、その人を見る上での、最初の基準値になっていると思います。

それは、何か行えば表れるものではなく、普段の自分自身から自然と、内面から表れて来るのでないでしょうか?

これから私も、その方を見習いながら、着実に努力して行きます。

そうしたら、少しは自分の顔に?自身が持てる様になるかもしれませんね。



koideroll at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2006年10月23日

芝刈り?2


 今回は、私の趣味の話でも。
 昨日の日曜日、栃木までゴルフに行ってきました。

 ゴルフなんて聞こえがいいのですが、下手の横好きで、いつまでたっても上手くなれません。練習もしないで、上手くなれるとは思っていないのですけどね。

しかし当日、運良く雨も降らずに心地よい天気の中スタートしました。出だしでダボと、いつもの調子かなと思っていたら、なぜか調子が良く、気が付いたら前半46で昼食休憩。

ちなみに、前日最近購入の宮里藍チャンのDVDを見ていたのが良かったのかと、内心シメシメト思っていたのですが、やはり神は試練をお与え下さった。

後半調子に乗っていたら、結果は後半終了で55のトータル101といつものスコアー。やっぱり藍ちゃんも、見方にはつかなかったようです。

練習もせずに、楽して上手くなろうなんて、いつも反省ばかりの繰り返しです。

いつもこんなゴルフをしていますが、飽きずにまたコースに出てしまう私を、皆さん温かい目で見守って下さい。




koideroll at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2006年10月19日

福山4

 今から7年前の平成11年8月、弊社の中国地区西の営業拠点となる、広島県福山市に小出ロール鐵工所福山営業所がスタートしました。

 それと同時に、提携先である大阪『蟶井鉄工所』との合弁で、福山での機械加工工場として『蠖明ロール工業』が、スタートしました。

 当時、日本鋼管衒〇垣重棺蠅らの、加工依頼から単を発して、中国地区並びに、近隣地区の受注拡販を目指すべく、土地勘も無い場所で一からの出発でした。

 『蠖明ロール工業』とは、大阪の会社と小出ロールの二人の社長の名前から、一字ずつ使い、関西&関東で互いに協力しながら、初めての土地で今まで上の高品質の技術サービスをして行こうと言う意味もあるのです。

 営業スタッフ3名・機械作業者5名、そして機械台数10台と、小規模の機械加工工場ですが、若い従業員が一生懸命がんばっており、JFEスチール様他多くのお客様から信頼され、お仕事を頂ける様になりました。

 弊社の習志野工場に比べ、まだまだ技術レベルもいってはいませんが、自分達がこの福山の地から新しい会社として発展させて行こうと言う意気込みが、本当に感じられる会社なのです。

 それだけ、志を高く持てる若い人達が会社に居てくれている事に、素直な気持ちで感謝しています。

koideroll at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

部長の独り言・・・お知らせです!5

まだ先の話ですが11月8日(水)に千葉県のアパホテル&リゾート
<東京ベイ幕張>(旧幕張プリンスホテル)にてセミナーが
行われます。
第一部にはソフトブレーン株式会社 マネージメント・アドバイザー
の宋文洲 先生が講師、宋さんのセミナーを聞いた経験がありますが
分かりやすく、斬新でとてもためになりました。第二部の『プロセス
マネージメントで実現する組織営業とは?』のパネリストには弊社社長の
小出明治、ソフトブレーン代表取締役 小松 弘明、株式会社 千葉測器
営業部長 布施 徹氏、コーディネーターにNPO法人 コスモス経営塾 
飯島 慶太氏が参加いたします。

いや、実は宋さんのセミナーも気になりますが、、、、、第二部の
弊社社長の小出 明治の方が個人的には、、気になります。

a32a16a6.jpg













中小企業のための『営業力』強化セミナー



2006年10月16日

最近読んだ本4

 最近読み終えた本で、とても印象深かった本があります。
『会社は誰のために』御手洗富士夫&丹羽宇一朗著(文藝春秋社)と言う本です。

 皆さんもご存知と思いますが、御手洗氏はキャノン元会長で経団連会長そして丹羽氏は、伊藤忠商事元会長です。

 両名とも、以前から私が尊敬していた経営者でしたが、今回の本ではそのお二人がどの様に、会社と言うものを考えていた(経営者が)かが解る本で、非常に勉強になりました。

 この本は、経営者だけでなくサラリーマンの皆さんにとっても、経営者は何を考えているのか?を知るには非常に解りやすく本質を書いてあります。

 何点か非常に感銘を受けた箇所があったのですが、常ずね私も同じような事を思っていたこたを、両氏が書いていました。

 丹羽氏は、若い人達に『エリートになれ』と言っているそうです。

 ここで言うエリートとは、
 
『高学歴や金持ちというものではなく、第一に創造力があり、自ら企画企画を立てられる人。』,『その企画を、周囲に説明し、納得させ、協力をしてもらうための能力を有している人。』,『そしてその企画の責任を、きちんと果たせる事、あるいは責任を取る覚悟を持っている人の事。』(引用)
  
と氏は、書籍の中で言っております。
 
弊社でも、こんなエリートが育ってくれればと、思っています。

 ここでは、書ききれないほど、この本の中には詰まっています。もし興味があったら、講読してみて下さい。

 今後私のお気に入りの本を、ご紹介させて頂きます。


会社は誰のために

会社は誰のために



koideroll at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 | 

2006年10月12日

体調3

週明けに、うかつにもひさびさ風邪を引いてしまいました。

日々自分の健康管理だけは、非常に気をつかっていたのですが、このところの変な気温の変化?でやられてしまいました。

薬と○ンケル飲みのみ直そうと思ったのですが、これがなかなか・・

そんな中昨日、異業種の集まりで夜鍋を食べる羽目に。

お酒は飲まず、ウーロン茶で『薬膳』スープの鍋をひたすら食べたのですが、これが身体が温まり次第に体調回復、口元滑らかになり色々な話題で話が弾みました。

私は単純なんで、『薬膳』と言う言葉が脳内神経を刺激して回復したとしか考えられないのです。

皆さんも、ちょっと疲れが溜まった時には、『薬膳鍋』をお勧めします。


koideroll at 07:40|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2006年10月09日

部長の独り言・・・工事

工場内の補修工事が先週から始まりました。
工事内容は工場内、配水管入替工事及び床面補修、冷水機の設置です。
工場自体が古くなって若干の漏水が原因の一つ、通常作業が平日に
ある為、工事は土日作業となります。
工期は約4週間、その間の休日に出た突発作業を工事と上手く調整
しなければなりません。
ロールメーカーとしては機械のオーバーホールや修理はもちろんですが、工場内の
作業環境の整備も大切な作業の一つ、これからも安全で作業しやすい
職場を作っていきたいと思います。


工事中!

2006年10月06日

整体に行ってきました4

 昨日仕事帰りに、整体治療に行ってきました。
そこは友人に紹介された所で、通常の整体と違って筋肉のバランスを優しく直す方法で、非常に心地よい治療方法でした。

 治療後は、何故か体の詰り?が開放されて非常にリラックス出来ました。やはり、私も40を過ぎるとどこかしら故障が出てくるもので、自分の身体は自分でケアしなければと思ったからです。

 先生いわく、やはり『バランス』が崩れてくるとそれに伴って、色々な場所に悪い影響が出てくるのだそうです。それを、察知出来ずに無理をして余計悪くしてしまうらしい。

 ちなみにこの『バランス』とは、色々な事柄でも重要だと思います。
仕事・身体・メンタル等々それが崩れてしまうと、他に対する影響が出てしまいます。
 
 とにかく『過信』をせずに、どこかでサインが出ているはずなので、それを見落とさずに、正常に『バランス』を保って元気に行きましょう。

koideroll at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2006年10月04日

完全復旧致しました。3

 お待たせいたしました。
残りの故障機械1台が、本日PMより稼動再開いたしました。
ご迷惑お掛けしたお客様においては、誠に申し訳有りませんでした。

 今回の故障は、モーター関係の故障と思っていたのですが、モーター以外の部分がさらにパンクした事が、長引いた原因です。(PC関連)
特にその部品は、市場流通しているタイプではなく、生産中止された部品なので、調達に時間が掛かった事も追い討ちをかけました。

 工作機械メーカーからは、電装関連のリニューアル提案が出てはいましたが、金額も張る事から、ちょうど来期から計画を立てて行くつもりっだったのです。残念でならず、反省しきりです。


 今更ですが、決断のタイミングと言うのは非常に難しいものです。
特に、中小企業製造業の設備投資に関しては、金額の額もそうでが回収スパンが問題になります。

 投資効果の面でも弊社のように工賃仕事の場合、新設機械1台の投資の収益だけでは返済が難しくなります。
1台の設備投資による、既存機械への波及効果で収益確保をしていくのです。

 それに、機械加工業は機械更新を怠ると、機械の陳腐化・品質の低下・能率低下等になり、競争力の低下となります。

 しかし・・・30台もあると1年1台としても、30年かかるんですよね。

koideroll at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記