2008年01月

2008年01月25日

最近読んだ本亜5

今回は、『高炉の神様 宿老田中熊吉伝』佐木隆三著 文春文庫です。

旧官営八幡製鉄所で、昭和47年98歳で亡くなるまで、現役の鉄鋼マンであり、宿老制度の第一号であった、田中熊吉氏の生涯と、熟練工としての一生を描いた著書である。

この【宿老】とは、鎌倉時代に遡り、幕府の執権と共に、公事をあづかる老練な高官の事で、江戸時代には、幕府の老中や藩の家老を、そう呼んでいたと書かれている。

八幡製鉄所では、技術水準を高める為、優れた熟練工を選別し、宿老とした。


この田中熊吉氏が、我が国初の官営八幡製鉄所で、溶鉱炉操業と格闘し、近代化に向けて、突き進んでいた、「高炉の神様」と言われた、ノンフィクションです。

田舎生まれの、農家の三男が、西洋鍛冶屋(製缶職)をスタートに、職工になり、そしてもって生まれた仕事に対しての真面目さから、製鉄所の高炉で働けるようになり、ドイツでの勉強から、日本風土に合った、高炉技術の確立までするようになる。

当社は、製鉄関連の仕事をしておりますが、今回この本を読み終えて、実に勉強になり、そして彼が持つ、仕事に対してのひた向きさに、非常に心を打たれました。

ぜひ、製鉄所に興味のある方は、読んでみて下さい。

高炉の神様高炉の神様


koideroll at 14:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2008年01月22日

08年始動!5

先週末、中計メンバーの08年開始に伴い、懇親会に招待されました。

参加者は、「Task Force8」のメンバーと、各役員の参加です。

今回は、津田沼の居酒屋で、鍋をつつきながら、各役員を前に、今までやってきた事の、熱い思いを各自、一人ずつ語り合いました。

実際、会議議事録や報告を受けて、知っているつもりでしたが、今回各メンバーの、熱い会社に対する思いを聞くたび、身体の中からとめどもないエネルギーが、沸き起こり、目頭が熱くなってしまった。


ちなみに、会議等には、各担当役員は参加せず、各メンバー中心での検討会議を主体とし、基本的に従業員自らが考えた、自分たちの会社の未来計画を設計し、各役員と協調して、最善なプランを作成実行して行くのが、趣旨です。


実際、設備計画概要や新分野開拓概要など、現時点で明確な結論まで達していないものの、今まで見えなかった部分が、彼らのお陰で明確になり、社長として見えていなかった部分も、彼らから、教えてもらえたのです。

私が、いつも社員に話している事で、『今変えなければ、変わらない。言わなければ、誰も分からない。』、これと同じ事を、言っていました。

今、成長の陰に隠れ潜んでいた、当社のマイナス面を、今この時期に、摘み取らなければ、今までの、「大型町工場」のままなのかもしれない。

それを、このメンバーは、真剣に危惧してくれている。

「大型町工場」からの、飛躍的な脱却の為に・・・

彼らに言いました、8名の宣教者になれと・・・

自分の周りから、理解者を増やせと・・・

最後に人が言っていたのです。『Task Force8』から社員100名の『Task Force100』
にしようと・・・

私、やっぱり一人じゃない、このメンバーや他の社員の未来の為、もっともっと、リーダーシップを発揮していきます。



koideroll at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2008年01月07日

明けましておめでとう御座います。5

明けましておめでとう御座います。
今年も、宜しくお願い致します。

今日から、仕事始めの会社もあろうかと思いますが、弊社小出ロール鐵工所は、4日
から、通常営業を始めております。

例年のように、年末年始は、一部の部署での仕事があったので、この休みを、工場全休とはいきませんでしたが、出勤してくれた従業員のお陰で、今年もお客様に喜んで頂けました。

お客様の主要部品メンテナンス(修理)を、主体で仕事をしておりますと、やはり祝日&連休時の仕事の依頼が多いのですが、当社の財産である従業員は、仕事の使命感に燃え、がんばって出勤してくれています。

感謝。本当に、感謝しております。



話は変わって、この正月皆さんは、如何お過ごしでした?

私と言えば、どこかの知事さんと同じで、年末から風邪をひき、ほとんど蒲団から出る事もなく、体調回復にいそしんでいました。

よく『社会人たるもの、自己の健康管理が大事』、なんて言ってはおるのですが、自分から風邪でダウンとは・・

ま〜休日中なんで、許して下さいね。
多分、年内の緊張の糸が、ぷっつり切れたんだと思います。


年初では、完璧復活しました。

そして年頭の挨拶では、今年こそ、当社の『真価が問われる時』と話をしました。


その中での一部ですが、

昨年数多くの企業不祥事の問題が、一気に露呈した一年であり、『偽』という言葉で一言で、昨年が表された様に、企業の根幹が問われた年でした。

同じ経営者として、本当に考えさせられ、やはり小出ロール鐵工所はと、自問自答しておりました。

今年は、本来の原点である、『顧客満足度』の意識を、再認識する一年にしていこう。

今以上に、『お客様の為の、サービス(製品)提供の重視』を、実践し続けて行く事こそが、私達の【根底】である事を、強く認識すべきなのです。







koideroll at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記