2008年04月

2008年04月23日

最近読んだ本215

今回は、『夢をかなえるゾウ』水野敬也著 飛鳥新社。

とにかく、こんな面白い本は、久しぶりです。

小説なのか経済本なのか?、とにかく、一気に読んでしまう程、面白いのです。

内容は、あるうだつの上がらない青年が、どうしても自分を変えたいと願い、インドの置物である『ガネーシャ』に話しかけながら寝てしまい、その後、像のかっこをした、関西弁をしゃべる神様が、その青年の前に、現れる所から始まります。

そして毎日、変なおっさん神様である『ガネーシャ』が、青年に、自分を変える為の、課題を、毎日与え、実践させて行くのです。

とにかく、この像のおっさん神様『ガネーシャ』の、関西弁のしゃべくりが面白いのと、この青年との会話のやりとりの面白さが、最高です。

実際、この『ガネーシャ』が青年に言っている事って、当り前で誰でも知っている事なんですが、それが、出来ないのです。


こんな面白い本は、是非とも皆さん、読んで、笑って、実践してみて下さい。

実は、歴史上の成功者は、この『ガネーシャ』の教えを、実践した結果なのです。

皆さんも、実践しては、どうでしょうか!!


夢をかなえるゾウ


koideroll at 11:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2008年04月21日

働きを喜びと思える・・3

先週放映された、TV番組の中で、会社再建をする人を、クローズアップしていた。

あの有名な、セル方式を、考案した人らしいのです。

その番組の中で、その人は、言っていました。
『働きを喜びと思える人間を作る』、『自分で考える人間を作る』、『覚悟を持って突き放す』、『お金じゃない喜びを理解させる』etc・・

この番組見て何故だか、むしょうに、納得と自己嫌悪とやる気が、上がってきた。

工場内での一言の中で、『そう言う職人気質が、会社をダメにする』と。

固定概念を打破するには、やはり厳しい言葉を言い、自覚を植え付け、自己で思考する事で、面白さ喜びを、実感させて、モチベーションを向上させるのです。

よく、製造業では、『ムダ』をどれだけ無くすかが、一番なのですが、通常分かっていても、なおざりになってしまう。

この人は、まず工場で、『ムダをみつけて』そして直ぐに『ムダを取り除く』事から、始めているのです。

当たり前と思うでしょうが、この当たり前が、直ぐには、出来ないのです。

今朝、工場の管理職を呼んで、この番組の話をしました。

丁度ビデオに録画出来たので、皆に見てもらう事にしました。

管理職の中で、一人でもこれを見て、何かを感じてもらえたらと、思っているのです。

koideroll at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2008年04月16日

最近読んだ本5

今回は、私の大好きな旅客機の本。

でも実際、興味のない方には、全然つまらない本かもしれませんが。

『エアバスA380まるごと解説』秋元俊二著 サイエンス・アイ新書。

エアバス社から、やっと就航された、世界最大級総二階建ての旅客機。

その構造や開発の方法を、就航まで追った、写真をふんだんにした、著書です。

いやはや、マニアにはたまらない、一冊です。

対抗の、ボーイング社は、中型機戦略(現在大幅納期遅延が発生中!)ですが、エアバスは、大型機戦略と真逆であります。

大体、一機350億円で、約470万点のパーツから製造されており、わが国、日本も、21メーカー開発製造に、協力しています。

今回の、ファーストフライトを行ったのは、このA380の『ローチンカスタマー』である、シンガポールエアラインが、07.10.25にシンガポール・チャンギ空港から、シドニー・キングスフォードスミス空港に向け、フライトしました。

成田〜シンガポールへは、来月5月からの、就航予定だそうです。

今のところ、シンガポールへは行く予定がないのですが、いつかは乗ってみたいものです。

それと、今後のオールジャパン製の、『MRJ』に期待と興味を持っているのです。

何かしら、仕事として関われたらと、そんな夢もあるのです。



エアバスA380まるごと解説 ジャンボジェットを超えるオール2階建て巨人機の開発から就航まで (サイエンス・アイ新書 60)


koideroll at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2008年04月15日

出会いと別れ。5

もう桜も散ってしまったが、この暖かい春の時期には、色々な出会いや別れがあります。

当社に入社した、新入社員3名も、悪戦苦闘しながら、皆、頑張っているようです。


先週末、一人の社員が家庭の都合で、円満退職しました。

当社にしては珍しく、中途入社でした。

入社当初は、関連会社で仕事をしてもらっておりましたが、その実力を評価して、ロールに来てもらいました。

丁度、時期もあったのですが、それからは、ずっと私と一緒に、仕事をし、社内の改革を構築してきました。

今までの旧態前とした、社内のルールや考え方を、私の考えと合わせて、変えてもらった。

やはり当初は、プロパーでなかった人が、色々と改革し、はっきりと『言葉』で意見を言うタイプの人間が、当社で少なかった事も有り、社内の多少のアレルギーも、皆あったかもしれない。

しかし、持前のパワーで、信念を推し進めた事が、結局は、皆を納得させ、認めさせたのです。

大分私も、助けられましたし、意見がぶつかった事も有りました。

しかし、この小出ロールと言う会社を、いかに良い状態にして行こうかと言う事に関しては、共有していたので、最終的には、良い結果となるのです。

多分、社員の中では、自分もああなりたいと、思っている人も多いでしょうし、また、そう思ってくれないと、いけないのです。


最近、特に思います。
人には、それぞれの生き方があり、自分で思っている事が、すべてのひとにあてはまることはない、ということ。

自分にはない才能や、考えをもっているいろいろな人との出会いは、
私自身、勉強になることも多く、とてもすばらしいものです。



本当に、お疲れ様でした。

そして、本当にありがとう御座いました。

今まで以上の、魅力的で、業績の良い会社にして行きます。


あと、これからは、今までよりは、のんびり出来ると思いますので
少しは、そのせっかちさは、直して、ゆっくりして下さいね。








koideroll at 11:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2008年04月10日

表敬訪問。4

昨日、取引銀行のトップ(頭取)の方に、お会いできました。

とてもお忙しい方ですので、30分でしたが、お時間がいただけたので、弊社の会長・部長の3名と取引支店の支店長とで、ご訪問しました。

予定時間10分前でしたが、お会いして頂く事が、出来ました。

今回は、いつもお世話になっている事での、表敬訪問でしたが、せっかくでしたので、08年2月期決算が、ちょうど終わった事も有り、頭取に、決算報告も兼ねお話をさせて頂きました。

頭取は、非常に穏やかで、たまの会合でお会いする事もあるのですが、若い私や部長に対しても、真摯にお話をして頂ける方なのです。

分かりやすく、当社の経営状態を、25年間のトレンドでグラフ化したものを、部長が作成し、私が説明したのですが、その資料を熱心に見て、ここ近年の業績に対して、お褒めの言葉を頂き、また、今後の経営に関して、的確なアドバイスをしていただけました。

3年前に一度、当社工場見学をした際も、長い時間じっくりと工場を見学され、矢継ぎ早に、質問を受けた事を、思いだします。

そして最後に、当社が取り組んでいる、従業員参加の中期計画についても説明し、この当社の試みに対して、とても良いプロジェクトだと、感心しておられました。


企業の成長・発展には、従業員やお客様だけでなく、やはり、後方で支援して頂ける、金融機関の方々にも、理解され魅力のある企業でなくては、ならないのだろうと、しみじみ思うのです。



koideroll at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2008年04月09日

花粉か風邪か?2

一昨日より、何故だか鼻水が、湯水の様に、たれてくる。

そんなに体調は、悪くないので、晴れてもいないのに、花粉が舞っているのかと。

時間が経つうち、くしゃみ・微熱・頭痛が酷くなってくる。

私、平熱が非常に低い低体温なので、6度でもふらふらです。

これって、風邪か?そのうち、くしゃみから、咳に移行して来た。

とりあえず、悪化させない様に、医者に。

いつも行く、ホームドクターの所へ。

一言、『風邪みたいだね』と。

この先生、いつでも温度低くて、いつもこの調子なのです。

早く完治したい私としては、『先生、注射してくれないかな?』の一言に、『小出さん、注射派だっけ』と・・

ビタミン混入の注射、一本打ちました。

何故だか、先生より、看護師さんの方が、心配してくれました。

その晩、早めに就寝。

今のところ、ひどくは、なってないみたいです。



koideroll at 08:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2008年04月07日

銀座の中華化!2

最近、よくTVで、銀座のデパートで、中国人観光客を、受け入れる為、色々とやっていると、放送しています。

とにかく、デパート内の、中国人の多さにびっくりです。

すぐ分かりますよ、とにかく、声が大きいから。

まー、今や日本人より、お金を沢山使う、中国人裕福層を、いかに獲得するかが、各デパートの手腕となっているみたいです。

先日、家族で用事が有ったので、銀座の某デパートへと、お買い物に。

丁度、お昼と言う事も有り、たまにはデパート内で食事もいいかと、上階のレストラン街に行ってみました。

時間も時間なので、各お店は、待ちのお客さんの長蛇の列。

一軒のイタリアンが、何故だか、先頭のウェイティング用の椅子が、空席だったので、少し観察。

先頭から2〜3席空かせて、何人か着席した人達が、皆で大きな声で、雑談の真っ最中。

やはり、その言葉、中国語でした。

なんとその中国人の集団、疲れたのかわからないのですが、その椅子で、休憩中でした。

『なんだ、入れるじゃない。』と、店内にスムーズに着席しました。

お店の人に、『あれって、待ってるんじゃなくて、休憩中?』

『実は、そうなんです。』と、何故か迷惑顔・・

だったら、はっきり、言わなくちゃ。

いくら一杯、お金を使う中国人とはいえ、皆が迷惑してるのですから。

昔の日本人も、そうだったのかな?

いやいや、その辺の節度は、しっかりしていたに、違い有りませんよ。

koideroll at 07:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2008年04月01日

入社式5

今日4月1日、本年度の新入社員3名が、当社に入社した。

当社の入社式は、盛大ではないが、新入社員にとって、身近な入社式ではないだろうか。

簡単ではあるが、私を含め、役員出席の話の後、各担当責任者が、簡単な概要を説明する。

そして、明日より、彼らの正式なスタートが始まるのです。

毎年の新入社員を見ていて、必ず、同じ様子が見て取れるのです。

それは、期待に溢れ、精一杯の大人びた顔をし、一生懸命に、緊張を解き放とうとしている、若い青年達の顔なのです。

ベテランの社員であっても、新入社員当初は、必ず、同じ顔だったのでしょう。

私も、20年以上前に、大学を卒業し、知らない町大阪での入社式、今でも鮮明に、覚えています。

彼らに話した中で、今この日の緊張感を忘れずに、『常に向上心を持ち』続けてもらいと。

社会に出ると、自分の理想とかけ離れた事や、今までの自分の常識と反した事が、正論であったり、人間関係の構築が難しかったりするのです。

そして、プロとして生きていく為には、それらの不条理も飲み込んで、自分自身で消化させ、良い栄養素のみを、吸収して行くのです。

それが、社会人と言う、給料を貰うプロなのです。

偉そうな事、言えませんが、私自身、大阪時代は、よく叱られました。

ただ、何故自分が、叱られねばならなかったかを、後で冷静に考えました。

そうする事で、その瞬間は理解出来なかった事が、後ではっきり、叱られた理由が理解出来たのです。

そうする事で、二度と同じ事を、繰り返さなくなるのです。



koideroll at 09:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!社長の日記