2009年07月

2009年07月29日

マニフェスト3

珍しく今回は、政治ネタで。

先日、民主党のマニフェストが、発表された。

現在、この状況下では、8月30日の総選挙での、民主党の躍進は、まず間違いないだろう。

しかし、選挙は、やってみなければ、わからないのです。

だだ、今回の選挙は、国民が、しっかり、各党のマニフェストをじっくり解読する時間がある事が、救いである。

まだ、自民党は、出ていないのですが・・・

今回は、珍しく、どれだけ立派なマニフェストを民主党が出したのか、じっくり読んでみた。

まずは、新聞で読んで、ホームページからPDFで、じっくりと。

なかなか、見やすく、解りやすい。

しかし、じっくり読み込んでいると、少し違和感が出て来るのです。

各マニフェストには、工程表もあり、財源の確保をどうするかも書かれてはいるものの、曖昧さは拭えない。

「子供手当」「年金」「高速道路無料化」「法人税率引き下げ」「手当付き職業訓練制度」実現に向け前向きな政策に見えるのだが、何故だか、個人的には、お手盛り感が強く感じる。

政策自体は、国民にとって、必要であり急速に求められているものではあるのだが、現時点で、この国が、どのような状態なのか、冷静に判断すべきではないでしょうか。

この100年に一度と言われている、未曾有の危機の中、まず先にすべきは、国内経済の立て直しであり、閣内景気の回復ではないか。

雇用促進、子育て支援もろもろも、まずは、生活ベースの安定向上の中から、必然的に回復するものであり、国内経済の回復こそが、すべての諸問題を解決出来るのと、個人的には、思っています。

今回の、民主党の経済政策自体が、雇用が前面で、経済がその後となって、雇用経済政策となる。

まずは、経済先行ではないのかと。

景気回復が前提であってそれから、雇用確保が生まれるのではないでしょうか。
これこそ自然ではないか。

政策の工程表も、まずは初年度での経済対策を最重要課題とし、その回復基調をベースに他の政策工程表を作れば、明白じゃないかなと。


それに、外交政策も、ちょこっと書かれてはいるものの、安全保障や防衛って一言も書いてないのです。

右左派合同混合所帯で、支援団体もいろいろですから、マニフェストに書きずらい事もあるはずですが、やはりしがらみを絶つ政党として、政策の中にも、はっきり書かれるべきではないでしょうか?

政権与党になったら、急にやりますよでは、私個人は、とてもとても信用出来ないのです。



今回、巷では、「一度民主党にやらせてみたらいいんだ」「駄目だったらまた変えればいいんだ」なんて、声が聞こえる。

これこそ、本当に怖い事なのです。

一度選挙で勝利し、政権を握れば、どんなに駄目な政党でも、国家感が間違っていても、その4年間は、変える事が出来ない事を、もう一度、国民は、冷静に考えて見るべきなのです。

自民党が良いとか悪いとか、民主が良いとか悪いとかを言っているのではなく、冷静になって、せっかく、各党のマニフェストが出ているのですから、今まで見た事のない人でも、じっくり読み込んで、賛同する党を探してほしいのです。

ただ、単純にお金を貰えそうとか、なんとなくとか、ではなく、今後の自分自身に関わる事を、大きな視野で選択してほしいですね。

koideroll at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2009年07月27日

大阪出張2

先週の、北陸〜中国地区に出張が終って、今日は、日帰りでの、大阪出張です。
このところ、バタバタととしているのですが、充実しております。

意外と、お客さんの反応もよく、種蒔きも、少しずつ、芽が出てきそうな予感があるので。

koideroll at 07:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2009年07月22日

北陸

84a2e4f3.jpg今日は、これから福井にむかいます。


koideroll at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2009年07月20日

ドラマ『官僚たちの夏』3

この連休中、ため撮りしていた、ドラマを見た。

このブログの「最近読んだ本41」で紹介した、城山三郎原作の、テレビドラマです。

主人公、風越役の佐藤浩市が、なかなかいい味を出してます。

多少、原作とは違うものの、旧通産省官僚の国内産業保護派と、海外自由貿易派との、外圧を受けながらの、攻めぎあいが、当時の日本での、戦後復興期を、マジかに感じさせてくれています。

国益と言う大儀の為、何がこの国の為に必要なのかを、必死に働く官僚がいた事を、教えてくれている様な気がします。

今でこそ、自由主義経済化での、競争原理が良しとされている世の中で、昭和30年代では、未成熟であった国内産業を活性化する事こそが、戦後復興の最善の道だったのです。

私も、昭和30年代後半に、誕生し、オリンピックと共に、成長したのは、なんらかの因果かもしれない。
このドラマを見て、今のこの時代での自分が進むべき道を、再度見つめ直してみて思う。

この自分の仕事こそ、自分にかせられた、指名であり宿命なのだと。

先日、社内の管理職達と、じっくり話す事が出来た。

彼等が、求めていたのは、この小出ロールの改革であり、成長であった。


私の、考えは間違ってはいなかったと思うのです。


このドラマで、再度実感された様な気がした。

koideroll at 09:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2009年07月17日

明神下 神田川本店

今日の昼、都内で昼食を兼ねて打ち合わせ。

神田明神下にある神田川本店。

実は、火曜日にお客さんと、会社の近くの鰻屋で、食べてたので、今日は、ちょっと小ぶりにしました。

鰻の前に、う巻を食べたんですが、ここのは、ちょっと甘めで、私の好みにマッチング!

絶妙です。

味は、好みがありますからね。

鰻の方は、甘すぎないたれで、このたれも、大好きな味でした。

鰻自体は、上品な味で、とても美味しく戴きました。
cfae68e5.jpg
914b406f.jpg



koideroll at 18:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

最近読んだ本422

今回は、『100年に1度の不況に負けない 銀座ママの経済学』望月明美著 ゴマブックスです。

何気なく書店で、題名と帯に載っていたママさんの写真に惹かれて、買ってみたのです。

銀座のル・ジャルダンと言う、クラブママか書いた本で、どんなもんかいなと、読んではみたものの、たわいもない本でした。

私みたいに、写真で、騙されちゃう人って、多いんだろうな。

実際、当たり前の様な事を、それらしく書けちゃうのって、やはり女性それも、クラブママって肩書と美貌かもしれないな。

だだ、なんとなくクラブの経営構造が、多少なりと理解できたのは、よしとします。




100年に1度の不況にも繁盛する銀座ママの秘密
100年に1度の不況にも繁盛する銀座ママの秘密
クチコミを見る


koideroll at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 | 

2009年07月15日

鹿児島5

知覧から、車で霧島まで。

霧島は、温泉と焼酎の有名な、宮崎県との境にある場所です。

霧島温泉は、幕末に坂本竜馬が、寺田屋で負った手の怪我を、治しに行った場所で、当時妻のお龍さんと行った事から、新婚旅行のはしりと言われました。


霧島温泉に一泊し、帰りしなに、霧島湯之谷温泉郷へ、立ち寄り湯に入りに。

名前は、『湯之谷山荘』です。

ラムネ湯と硫黄泉の、湯治場です。

知り合いの、温泉博士の北條氏のお勧めで、訪ねて来ました。

飲泉もできて、地元で30年通っていると言うおばちゃんが、霧島温泉で一番いいと、言っていました。

おばちゃんは、リュウマチが、治ったそうです。

地元の人は、家で飲むようにと、ペットボトルに汲んで、持ち帰っていました。

親切なそのおばちゃんは、「あたしは近いから、いつでも来れるから、これどうぞ!」と、妻にその汲んだ、2リットルボトルをくれました。

なんでも、胃腸に効くそうで、黒い宿便がごっそり出るそうな・・・

しかし、飛行機でこれ、持って帰れるのか?


7b669a45.jpg


koideroll at 08:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2009年07月14日

クラビノーバ4

なんとわが家に、電子ピアノが、やってきました。

妻が約20年ぶりに、ピアノを弾く為に、狭いわが家を考慮して、電子ピアノのクラビノーバ君が、家族の仲間入りです。

弾きたい欲求を爆発させ、鬼のように、弾いとります。

左手の強化でのボケ防止として、わたくしも、チャレンジしてます。


左手が、つりそうです。a6c6d308.jpg


koideroll at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2009年07月13日

この週末4

友人に、今回の鹿児島旅行のお土産を渡しに、会いに行って来ました。

色々な土産話をしていたら、少し小腹が空いてきた。

皆ラーメンフリークなので、ここはやっぱり、『ラーメンでしょ!』と言う事になり、車走らせる事に。

何処にしようかと、車中考えた末、車に常備しているラーメン本から、ピックアップした店、四ツ木にある『中華麺家 まんまる』に決定。

京成四ツ木駅から、徒歩6分。(葛飾区四つ木1−30−3)


初めてのトライです。


df12c4d7.jpg



魚系のだしで、こってり過ぎず、なかなかの味。

この画像は、スタンダードな、しょうゆラーメンです。



帰りしなに、妻のリクエストで、酒屋さんに寄ってみました。

外から見たら、とてつもない、日本酒の量。

それも、普通の酒屋に置いて無いような、銘酒がずらりと。

友人と妻とで、試飲しながら、なんやかんだと・・・

結局、日本酒2本買って、帰ったのです。





8f950066.jpg


koideroll at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2009年07月11日

鹿児島

指宿に泊まった後、知覧へ移動。

特に、今回の旅は、私のわがままで、どうしても知覧に行きたかったのです。

知覧にある、『知覧特攻平和記念館』に行くために。

先の大東亜戦争で、この国の為に、若い命を捧げた、多くの人達の功績を、この歳になり、どうしても自分の眼に焼き付けてみたかったのです。

彼らの遺影、遺書を見る度、何故だか分からないのですが、とめどもまく流れ落ちる涙と熱い感情は、実際、行って見ないと分からないと思います。

ほんの六十数年前に、多くの理由があるにせよ、この国が、戦争と言う悲劇に陥ってしまった過去を、私達、今この国に生きている日本人として、忘れては、絶対にいけないのです。


7a5f7b6a.jpg


koideroll at 13:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記