2010年01月

2010年01月27日

酒豪伝説のその後。4

先週末に、酒豪伝説を試してみました。

噂通りの、サプリメントでした。

今まで以上に、結構飲んだのですが、ほとんど酔いもせず、辛い二日酔いもしなかった。

ありがとうございました、T田さん。

ただ、無理に飲む必要もないですが…

お酒は、飲んでものまれるな。

程よい量が、いいのですよね。

koideroll at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2010年01月26日

『海角七号   君思う、国境の南』5

先週末、映画を見に行ってきた。

『海角七号 (かいかくななごう)』と言う、台湾映画です。

昨年、ある新聞記事を読んで、一度見たいと思っていたのです。

上映館は、銀座シネスイッチです。

私の好きな国である台湾を、題材にした映画であり、特に海が美しい台湾最南端の恒春が、舞台となっている。

台湾人の若者が、都会の台北で、ミュージシャンになる夢を断たれ、故郷恒春に戻り、郵便配達人の職を得て、宛先不明の小包を見つける。

その小包は、60年前に敗戦で母国日本に引揚げた日本人教師が、愛しつつも台湾に残し別れた恋人に宛て、帰国船上で書いたラブレターだった。

当時の住所は今は無く、その若者は、その住所を探し、その当時の恋人を探すのでした・・・

現地台湾では、爆発的なヒットとなり、誰もが見た映画となったのです。

出演者も、現地台湾で活躍する日本人の「田中千絵」さんや、日本人歌手の「中考介」さんら、日本人キャストも出演しています。

当時の、台湾の日本統治に対しての賛否両論はあるのも承知しています。

しかし、他の統治場所である韓国・中国では、この様な当時の温かみのある人の思いや懐かしさが、あまり伝え聞こえてこないのは、何故だろうか?

台湾の人達の、その当時の日本人に対する思いが、根底にまだ生きづいているからだろうか?

ただ、こんなに切なく感動する映画は、久しぶりに見た。





海角七号 君想う、国境の南
海角七号 君想う、国境の南
クチコミを見る





日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)
日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)
クチコミを見る


koideroll at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2010年01月24日

豚肉の塩釜焼き その

277741aa.jpgチーズは、フランス(フランシュ・コンテ地方)の、一年でもクリスマス前後の冬にしか食べることのできない貴重な「モンドール」に、ブルゴーニュ地方の赤ワインをあけました。
87775ed8.jpg


koideroll at 09:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

豚の塩釜焼き

b118371f.jpg


最近買った、フランスのストウブ製の鋳物鍋で、妻が良く煮込み料理を作ってくれます。

この鍋は、全体的に重量があり、鍋蓋の内側にいぼいぼ突起があって、それが水蒸気を溜めて、水を差し入れなくても、素材自体の水分で、料理出来るスグレモノなんです。

今回は珍しく、私が、料理をしてみました。

鍋に、岩塩を敷き詰め、その上に、豚肉とハーブをのせ、更にまた岩塩を敷き詰めて、中火で50分火にかけて、最後に10分火を止めて蒸します。

この火を止め10分蒸すのが、肉汁を内部に閉じ込める秘訣です。

早速、赤ワインとチーズとバケットで、夕飯スタート。

とても簡単で、満足のいく、男の料理でした。


1c51f660.jpg
9ff32450.jpg


koideroll at 09:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2010年01月21日

琉球酒豪伝説

80eb6012.jpg皆さんは、この年末年始のお酒のお付き合いは、どうしてますか?

私も、各方面からのオファーで、この所、回数が急増しています。

めちゃくちゃお酒に強い方ではない私は、色々なサプリを試したのですが、今回とあるお酒にめちゃくちゃ強い方から、プレゼントで戴いたのが、この酒豪伝説です。

この酒豪伝説は、数多いウコン系サプリの中でも、抜群に効果があり、これを服用してからお酒を飲むと、沢山飲めるらしいのです。

私は、秋ウコンの粉末を水に溶かして、飲んでみたりし、それはそれで、二日酔いもあまりせず、効果はあったのですが、この酒豪伝説は抜群だと言います。

類似品も数多く発売されていますが、これが本物らしいのです。

まして、琉球大学共同研究素材使用なんですよ。

とにかく早速明日、試してみます。

結果はまた、このブログで。

ありがとうございました、T田さん。


koideroll at 20:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2010年01月19日

小泉武夫氏4

昨日講演会で、農学博士で、東京農業大学名誉教授小泉武夫氏の講演を聞いた。

とにかく、面白い講演内容で、ぐいぐい、話に引き込まれた。

アグリビジネスについての、色々な、体験や実例を交えての話だったので、とても面白かった。

製造業畑である私の思考には、『アグリビジネス→生物産業』なる基礎知識など、とても薄っぺらいものであったが、今回、話を聞いてみた限り、とても興味をもった。

私が存在する製造業って、どうも2通りの人種がいるのです。

保守的思考者と革新的思考者です。

マジョリティーが、前者の保守的思考者です。

どうしても、物事の見方や思考が偏りがちになりやすかった所に、この講演は、私にとっても、良い機会であった。

とにかく今の仕事以外の、業種の知識を、もっともっと、蓄積しなくてはと思うのでした。

他業種の知識は、本業への、大きなヒントになるからです。


小泉氏は、この講演の中で、こう言っていました。

『時代は、流れている。その流れている時代にあった物を作るのです。』

『常に、逆転の発想。』

これって、他業種どうのこうのって言うことではなくって、ビジネスの基本中の基本を言ってました。

どの世界でも、本質って、必ず、同じ事なのですね。






発酵は錬金術である (新潮選書)
発酵は錬金術である (新潮選書)
クチコミを見る





食で日本を建て直せ (トレビズ新書)
食で日本を建て直せ (トレビズ新書)
クチコミを見る


koideroll at 15:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2010年01月14日

フレンチランチ

cc121354.jpg


先週末、友人夫婦と一緒に、新年会を兼ねた妻の誕生会を、竹芝のインターコンチネンタルホテルのフレンチレストランで、やりました。

ここ最近、妻の誕生日を忘れていて、久しぶりのお祝いです。

ランチでしたが、ここのフレンチのコースは、お腹が一杯になるほどの量で、最後のデザートは、ワゴンサービスでした。

とても美味しく、頂きました。

私がいつも、王将餃子やラーメンばかり、食べていると思っている皆さん、たまには、フレンチなんぞを、食べるのですよ。
549e6709.jpg
24bebd5a.jpg



koideroll at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2010年01月08日

新財務相のスタートは・・?2

就任記者会見で、「円安方向に進めばいいと思っている」との発言してました。

今朝の朝刊各紙・TVで、盛んに取り上げていた。

就任一発目の会見で、財務相としてのインパクトを出したかったのか、経済音痴なのかは、定かではないのですが、もう少し状況を把握した中で、発言してほしい。

国務大臣の中で、この財務担当大臣の発言は、国内経済だけでなく、世界各国を相手にしなければならず、常にその発言の一言一言が、注視され、瞬時にマーケットが変化してしまう。

私も、専門家ではないのですが、ここ日本の大臣さんの発言の軽さに、頭を抱えてしまう。

その発言のタイミングで、この国の経済を、いかようにもしてしまうと言う事を、判ってらっしゃるとは、思うのですが。

とにかく就任したのですから、周りから、経済音痴だとか、市民運動家出身だとか言われようと、この国の為に、骨身を削って仕事をしてもらいたいものです。

以前の発言の『官僚は大バカだ・・』なんて言ってましたが、その優秀な人達を使いこなす事が出来なければ、ご自身も、大バカと言われてしまうでしょうね。



koideroll at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2010年01月06日

無理を続ければ・・・3

私の尊敬する経営者である、ワタミの渡邉美樹氏が、以前TVで言っていた。



『無理を続ければ、それは最終的に無理ではなくなる。』

『無理を一週間続ければ、無理じゃなくなる。』

『最初に考えた時に、これは無理だと思う事も、実際はそんなに無理な事でもないし、最終的に無理じゃなくなる。』

『無理をして、自分を追い込む事で、結果的に成長出来る。』



これは、以前渡邉氏がTV番組『カンブリア宮殿』に出演した時に、言っていた言葉で、彼が「夢の設定」をどう考えていたか、その中で、言っていたのです。


今のこの厳しい状況下でも、夢を持ち、その目標を達成する為、『無理な夢』も持つ事が、今の私達に、一番必要な事なんじゃないかと、思っています。



koideroll at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2010年01月04日

2010年のスタートです。4

皆さん、明けましておめでとう御座います。

本日より、2010年通常営業のスタートです。

今日、社員に向けての年頭のメッセージで、『再生から復活のシナリオ』と題し、抱負を述べた。

昨年の冬季賞与時に、全社員宛てに述べたメッセージで、当社の現状や問題点を厳しく伝えたのだが、年頭は、今後当社の3つの道筋を話したのです。

一つは、『外部環境の変化に、瞬時に対応出来る能力を持つ事。』

二つは、『顧客満足の向上。』

三つは、『社員一人一人が、自立した志を持った思考になる事。』


この3点を、2010年小出ロールの掲げるスローガンとして、復活の足掛かりとして行くのです。

この状況の中、現実を冷静に直視し、志を掲げ、自らの頭で脳味噌から汗するまで考え抜き、徹底して覚悟を決めてやり貫かねば、明日はないと。

今日のメッセージを聞いて、当社の全社員は、理解してくれたと思う。

その思いを後ろ盾に、私も、突き進んで行くつもりです。



koideroll at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記