2011年07月

2011年07月29日

ジャパンブランドの衰退の危惧3

昨日の日経一面に、パナソニック三洋の白物家電事業を、中国のハイアールに売却との記事が。

パナソニックと三洋の合併による重複事業の整理は、ビジネスの世界では已むおえないだろう。

まして、ここのところ止まる事を知らない、円高がまだまだ拍車がかかってしまい、国内需要も低迷し、先の震災影響や原発事故での電力不足から、大手メーカーの海外移転のスピードが拍車がかかれば、虎視眈々と資金力の豊富な中国系メーカーが、手招きをしているのは理解出来る。

グローバルスタンダードの時代、純血ニッポンメーカーが、単独で生き抜く時代が、急速に失われていくのも、時代の嵯峨なのだろうか?

経営者として理解は出来るのだが、製造業に携わる者としては、歴史ある日本メーカーの事業売却先が、隣国中国であった事には、いささか、考えさせられる所があるのです。

かつての日本もそうであったと、言われるだろうが、根本的な価値観が違う事も、事実である。

欧米の様に、自国産業の保護の為に、常に考えられる人達が、政府に存在しなければ、ここ10年でこの国の産業が、衰退してしまう。

無策で無能な、国家感が無い政治家では、この国を託す事が出来ない。

しかし、なんだかんだ愚痴を言っても、任せる事が出来ないから、この日本では、個々の企業が独自に知恵を出し、生き延びる為の手段を、常に、考えているのです。

今回も、その考え抜いた結果であろう。


でも、中国に、売却してほしくないな。

そう言えば数年前に、ハイアールの工場見学に行った時、ビックリした事を思い出しました。

まさか、三洋が・・・・!

koideroll at 08:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2011年07月22日

最近読んだ本73。3

今回は、今話題になってる本の紹介です。

『憂鬱でなければ仕事じゃない』見城徹&藤田晋共著 講談社です。

ご存知の方は多いと思いますが、この見城氏は、出版社の幻冬舎社長であり、藤田氏は、サイバーエージェントの社長です。

数々の見出しの言葉は、見城氏の言葉で(自筆)あり、その言葉に対して見城氏本人が解説し、そして藤田氏もまた、その言葉に対しての自分自身の解釈の下に、説明しているのです。

この本の題名にもなっている「憂欝でなければ仕事でない」も、言われてみれば、納得する。

見城氏は、「ふつう人は、憂鬱なこと、つまりつらい事や苦しい事を避ける。だからこそ、あえてそちらに向かえば、結果がついてくる。」と言う。

まさしく、その通りである。

その言葉よりもっと心に残る言葉があった。

「苦境こそ覚悟を決める1番のチャンス」そして、「男子たるもの、最後の血の一滴が流れるまで、戦い抜け」の2つの言葉だ。

今の自分にとって、一番通じる言葉であった。





憂鬱でなければ、仕事じゃない
憂鬱でなければ、仕事じゃない
クチコミを見る


koideroll at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 | 

2011年07月14日

政府の品性・品格の欠如。2

昨日の、産経新聞の産経抄で、八田與一氏を取り上げていた。

八田氏は、日本統治下の台湾で、烏山頭ダムの設計・建設に貢献し水利事業に取組んだ人なのです。

このブログでも紹介し、数年前には無性に八田氏か建設したダムを見たくなり、一人で台湾に行って来たのでした。

そんな、八田氏が建設したダムと用水を、世界遺産に登録しようとする運動が起きているらしい。

しかし台湾は、世界遺産を決めるユネスコには加盟しておらず、この登録には、日本の力が不可欠との事。

この産経抄では、日本の対応を心配している。

今回の東日本大震災で、台湾からは、170億円と言う巨額の義援金が寄せられた。

にも関わらす、被災した私費留学生を支援する文科省の緊急奨学金から、台湾の学生だけが除外された。

それは、何故か?

表向き、日本と国交がないからとの理由からだそうだ。

中国人には、感謝を表しへつらい、台湾人には、感謝の気持ちを持てない国家に成り下がってしまったのだろうか?

戦後から今の教育では、戦前の海外の日本統治国を、全て巨悪とし、一括りに否定している教育界の歴史観から、多くの日本人が、統治国で行った数々の偉業や業績を、あえて後世に伝えようとせずに、抹消しようとしている。

やはり、伝えるべきは、後世に伝えるべきだ。


今の政治家は、常に国民の為、国益の為と言えば、耳障りよく聞こえるかと勘違いして、吠えまくる。

この国を本当に愛し、国家と言う本当の意味を理解した、品性・品格を持った人が、
過去を正当に理解し、未来に向けてこの国を導くべきである。

場当たり的で判断力の欠如した、目が虚ろの左派系総理の下では、日本人として堂々と胸をはれないではないのではないか・・




台湾を愛した日本人(改訂版) -土木技師 八田與一の生涯-
台湾を愛した日本人(改訂版) -土木技師 八田與一の生涯-
クチコミを見る


日台の架け橋・百年ダムを造った男
日台の架け橋・百年ダムを造った男
クチコミを見る




koideroll at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2011年07月11日

最近読んだ本72。3

この所出張続きで、ブログ更新をさぼっておりました。

いい訳ですね。
時間なんて、自分で作ろうと思えば、いかようにも作れるんですが・・・


そんなこんなで今回は、読みだめていた本の紹介です。

『柳井正の希望を持とう』柳井正著 朝日新書です。

共感する経営者の一人、柳井氏がビジネスマンとはどう言うものなのか、仕事とはどう言うものなのか、希望を持つにはどうしたらいいのかを、問うた著書です。

冒頭彼は、「ビジネスマンがやる事は、すなわち働いて金を稼ぐ事。仕事は我々の飯の種なのだから・・・」と、当たり前のような事から、文脈がスタートする。

今の時代、その当たり前の事が気薄になって、希望自体も見えなくなる、いや、見えなくさせてしまっているのではないだろうか?

今までの柳井氏の本の中で、ビジネスの本筋が何かを教えてくれている最高の著書ではないだろうか。

多くのビジネスマンたる、若手・中堅・ベテラン層に、一度手に取って読んでほしい。



柳井正の希望を持とう (朝日新書)
柳井正の希望を持とう (朝日新書)
クチコミを見る


koideroll at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 | 

2011年07月05日

出発です。

これから、出張してきます。

いざ! 上海へ!!
初めての、羽田発の国際線です。



koideroll at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 

2011年07月02日

佐世保その

ジャパネット見学前日の日曜日、佐世保米軍基地と佐世保海上自衛隊を見学しました。

あいにく、九州に台風来ていて、朝から大雨です。

先に行った米軍基地では、雨の中、キャンプ内を徒歩にて見学。
凄い雨風の中、暴風雨で一瞬でビニール傘のビニールが取れて飛ばされ、傘の骨だけになった姿を、生まれて初めて見ました。

午後からは、なんとか天気も落ち着き、あまり雨に降られる事はなく、佐世保海上自衛隊を、見学する事が出来ました。

画像は、護衛艦有明で、なんと甲板上陸さました。

自衛官の丁寧な説明や質問に対する答え、そして、自然体でこの国を守ろうとする姿勢に、心打たれたのです。






koideroll at 11:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記