2011年09月

2011年09月27日

さすけ食堂。5

先週末、友人夫妻とドライブ。

場所は、我が千葉県富津市金谷まで・・・!

目的は、アジフライ好きの友人が、前回激混みで入りそこねた「さすけ食堂」へ。

ここのアジフライは、金谷産の「黄金アジ」を使ったアジフライで、噂だと絶品だとか。

11時のオープンと同時に店内に入って、アジフライと鯵刺身のセットの「さすけ定食」を、オーダーしました。

まだ、店内は混んでいなかったので、お店の人との和やかな雰囲気の中、登場しました「さすけ定食」が!

フライを口に入れると、肉厚の鯵のフワッフワの食感、そしてさっぱりした美味しさ、刺身も肉厚でとても美味しい。

私は、どちらかと言うとフライ派と言うよりも天ぷら派なのでしたが、今回のこのアジフライを食べてからは、アジフライに関してはフライ派に転向します。

4人そろって大満足。

教えてくれた友人には、大感謝です。


画像が横向きですみません。
さすけ定食とお店を教えてくれた親友です。


IMG_0245[1]










IMG_0243[1]

koideroll at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

2011年09月23日

帰国

昨日、ドイツより帰国しました。

慌ただしい滞在ではありましたが、私にとっては、とても中身の濃い渡独でした。

ヨーロッパには、フランス.スイス.イタリアの三ヶ国には、以前に行った事はありましたが、初めてのドイツと言う事もありましたが、期待通りの国でした。

ただ、現地の人に聞いた限りでは、質実剛健の国民性イメージから、今の若い世代の考え方も、日本同様に変化をしているみたいです。

どこの国でも、時代により、世代間の変化はあるものの、日本とは違い、大陸陸続き国家で多民族国家であるヨーロッパ社会では、島国日本とは違う問題も多々あるようです。

多くの経験や知見を広げる事で、自分自身の思考の糧として、今の仕事に役立てる事が出来るでしょう。

ところで今回、大きなトラブルは無かったのですが、一つだけ発生しました。

帰路に、夜国内線でハノーバーからフランクフルトに経由し、一泊する際に、問題発生しました。

翌日の午後便で、フランクフルトから日本へ帰国するのでした。

ハノーバーで、チェックインした際、何故か、翌日の日本便のチケットを手渡されたので、あれっ?と思いつつも、ゲートに向かったのです。

夜の9時頃の便だったので、早目に入り、軽い夕食を食べてから、何気に、バックのクレームタグを見たら…‼

なんと、フランクフルト経由し、そのまま明日の成田便までの、クレームタグになっていまのです。

その日は、フランクフルト空港近くのホテルで、一泊するので、バックは必要なのです。

た、大変だ。

とにかく、ルフトハンザの女性に、掛け合いました。

片言のブロークンEnglishで、「私は、今夜バックが必要なんだ〜‼何とかしてくれ〜‼」と、わざとらしく、泣き顔で訴えかけた。

伝わったのか、その女性は、私がクレームタグを変更してあげるから、待ってなさいと、セキュリティーを通ってしまったので、外に出れない私を待たせ、スタスタ行って、変更してくれたのです。

本当に親切な女性でした。

今思うと、大柄なドイツ人から見て、小さな私は、泣き顔の子供の様に見えて、可哀想に見えたんじゃないですかね。

街を一人で歩いて、道を聞いても、誰も不審がないで、親切に身振り手振りで教えてくれたのも、そのせいかも知れませんね。






koideroll at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 

2011年09月21日

ザルツギッダー製鉄所3

フォルクスワーゲン見学後、高速に乗り約1時間半で、ザルツギッダー製鉄所に到着。

歴史的に、とても古い製鉄所で、先の戦争の戦火を逃れているので、レンガ造りの外観も、ノスタルジックな感じです。

仕事がら、最新鋭の日本の製鉄所を見ているので、何故だか違和感も…。

先ずは、広報の方から、構内の説明があり、
規模は小さいが、歴史的に観ても世界一の製鉄所だと言ってました。
現実は、どうかは言いませんが、彼のロイヤリティーの強さには、脱帽です。

工場見学開始し、日本では信じられませんでしたが、高炉〜製鋼の上工程と、熱延工場を見学しました。

こんな近くまで、大丈夫かいなと言う位な場所まで、広報の老紳士は、我々をスタスタ
連れて行きます。

日本では、絶対ありえませ〜ん。

1930年代の、巨大クレーンも、元気に稼働してました。

とにかく、今回の視察は、自分自身の肥やしになった事だけは解りました。

画像は正門前で、強引に合流させていただいた方々と、ザルツギッダーの老紳士さんです。



koideroll at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 

フォルクスワーゲン

行って来ました、フォルクスワーゲンの工場へ。

オープンカーのゴルフに、見学者搭乗するキャリアーを牽引して、ゆっくり工場内を見学。

なにやら、外装は戦前のままで、文化財指定となっており、外部は手を入れられずに、内部だけを改築した、レンガ作りの建物でした。

日本メーカーの工場見学をした事がありますが、とても人が多くて、何故だかスローペースでした。

ただ、案内をしてくれたワーゲンの人は、そのうち、フォルクスワーゲンが、トヨタを追い抜くだろうと、自身を持って言っていました。

ほとんどの部品は、ドイツ国内調達で、板材は、現在アルセロールミタルとの事です。

来年の夏には、ゴルフのフルモデルチェンジ車が発表されると言ってましたよ。




koideroll at 01:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 

2011年09月20日

EMOショー

今回、日本ではあまり見る事の無い巨大なヨーロッパの機械メーカーが、見る事が出来ました。

知見を広める事は、全ての判断力の要素になると、改めて思ったのです。



koideroll at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 

EMOショー

日本の展示会場とは、そもそもスペースのとり方が違い、ワンブロック自体が広めで、必ず緑地スペースを多くしてあります。

また、ワンブロック毎のフロアーには、必ずレストランが、二三ヶ所あり、日本でのファミレス的なレストランでは無く、そこそこの料理を出していました。

しかしながら、料理の量が、半端じゃなあ量が、出て来ます。

画像は、日本で言うカツレツみたあな物ですが、これでも笑われましたが、少なめに頼み込んだのです。



koideroll at 16:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 

ハノーバー到着。

かれこれ16時間の長旅で、やっとこさ目的地のハノーバーに到着しました。

今日は、念願のEMOショー見学です。

やはり、百聞は一見に如かずとは言いますが、とにかく自分の眼で見てみないと、駄目だと言う事が今回はっきり分かりました。

日本では、あまり見て事の無い、ヨーロッパの機械メーカーが、とにかく多く、また途轍もないスペースに、途轍もない大型の工作機械を展示していました。

本当に今回、収穫大でした。

お目当ての、ワールドリッヒジーゲンでは、グライダーは展示されてはなかっのですが、メーカーの人と話しが出来、是非ドイツの工場に見学して下さいと言われました。

今回の見学が、今直ぐに役立つかどうかは分かりませんが、見識が広められた事が、今回の収穫でした。

当社の社員も、遠慮をせずに、会社の為との思いがあれば、どんどん見に行って欲しいと思うのです。

それが、会社の為であり、自分自身を成長させる事だと、信念を持って思えるならば、会社に進言する事です。

見識を広める事が出来ならば、社長としては、大賛成です。





koideroll at 05:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 

2011年09月18日

エアバスA380

やっと念願の、エアバスA380に搭乗します。

旅客機マニアとしては、こいつに乗れるなら、長旅の疲れもぶっ飛びますよ。

koideroll at 08:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 

弾丸ツアー

今日から3泊4日で、ドイツのハノーバーまで行って来ます。

欧州機械見本市が、主たる目的です。

koideroll at 07:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 

2011年09月14日

日本縦断



これから九州〜北海道と、出張してきます。

昨晩は、とある出版社の方と銀行マンとの会食がありました。

その出版社の社長さんは、最近よくメディアに登場している方なのですが、お話しを聞くと、私の思っていた社長さんの様でした。

異業種の方との話は、私にとってとても、新鮮であり、違う視点からの考え方もあり、参考になりました。

もともと、人付き合いの苦手だった私にとって、多くの人との出会う機会が、自分自身の学ぶ場であり、成長の場として実感する様になってからは、時間が許す限り、お話しを聞き、お話しをする様になったのです。

早朝便の出張でなければ、もっと飲んで話しがしたかったのでした。

では、行ってきます。

koideroll at 06:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!社長日記