2021年03月

2021年03月31日

最近読んだ本193。

今回の本は、『囚われの山』伊藤 潤 著 中央公論新社 です。

たまたま伊藤淳さんの本の帯が、八甲田山雪中行軍遭難事件と書かれていて、映画にもなった題材が今回の本にも関係している。

実は学生時代に、八甲田ガイドの先輩にお世話になっていた時期があって、私にとってはかなりレアな題材です。

当時私は、冬のスキー場のシーズン後春に行っていたので、この遭難事故の1月の寒さはどれだけの寒さだったか、想像の域を出ません。

1894年に旧陸軍が、対ロシア戦を想定した雪中行軍訓練で、世界登山史上最大の死者を出した山岳遭難事故を題材にした物語です。

この八甲田山雪中行軍遭難事故は、新田次郎の作品である『八甲田山死の彷徨』があまりにも有名であり、高倉健主演映画『八甲田山』やテレビドラマでも題材となった。

この本は、歴史雑誌編集者の男が、この八甲田山遭難事故をテーマに取り上げ、取材していく遭難死亡者の中から一つのヒントをつかみ、それを追及して謎を解いていくミステリーです。

当時の思い出が頭をよぎりながら、興味深く面白く読めた一冊でした。









koideroll at 14:27|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 | 

2021年03月25日

最近読んだ本191・192。5

今回の本はまず、『心に響く小さな5つの物語』~郡 藤尾 秀昭 著 致知出版です。

たまたま、鬼をAmazonでポチして、読んだら涙腺崩壊。

60近いおじさん、目が腫れた。

そしてそのまま、続編ポチして、また読んで涙腺崩壊。

また60近いおじさん、再度目が腫れた。

全体集会で、社員に2編だけ朗読して聞いてもらった。

一瞬で空気が変わった。

本当に小さな物語ですが、本当に心に響く物語でした。









心に響く小さな5つの物語III
藤尾秀昭・著/片岡鶴太郎・画
致知出版社
2020-12-11




次は、『子供たちが身を乗り出して聞く 道徳の話』平 光雄 著 到知出版社

著者である平氏が、実際の教育現場で道徳を含めどの様にして教育をしてきたか。

この本を読んで、はっとさせられた。

人として、経営者として、多くの人や社員に対して話をしてきた。

しかし、その多く事が、本当に伝わったのか残ったのか。

平氏は、子供たちへの教育で一番重要なのは、『子供たちの心にいかに浸透するか』かと言っています。

本当にもっともである。

子供もしかり、この本はぜひお店の人達が読むべき本である。

この本には、31個の言葉について、どう理解させ浸透させたのかの創意工夫が書かれている。

今の時代この【道徳】に関しては、多くの議論がされているのですが、この本を読んで見て、相手に伝わる、相手に残す必要な【道徳】の伝え方のヒントが詰まっています。





koideroll at 13:11|PermalinkComments(0)clip!社長の日記 | 

2021年03月01日

新年度のスタートです。

ご安全に。

本日より、株式会社小出ロール鐵工所は、新たな第77期がスタートが始まりました。

昨年度は、公私ともに多くの事を経験しまた、多くの事を学ばさせて頂きました。

コロナからのスタートで、コロナ未収束のままで年度終了となり、多くの方が思うでしょうが、一年がこんなに早かったのは、初めてな事でした。

私が社長になる前には、バブル崩壊から金融や企業の不良債権問題など、俗に言う失われた20年という時代のとても冷え切った時代を過ごしが、それでも波はあるもの、何とか業績を上げる事が出来た。

そして社長になってからは、リーマンショックや東日本大震災などの、とても大きな渦の中でも耐え、そして成長する事が出来たのです。

これは多くのステークホルダーの皆様のお陰であり、心より感謝申し上げます。

そして昨年は、コロナ禍でとても厳しい中でも、多くの若手が成長し、そして貢献てくれた。

それが何よりも嬉しかったのです。

未だ先の見えない未来ではありますが、我々でしかやれない事を、愚直に『粒粒辛苦』し続けて、
誰もがやらなくなった自ら出るエネルギーの使い方、誰もが出来なくなったいるお客様への熱い思いと、誰もしなくなってきたモノ作りへの情熱を、これから今まで以上に再燃させられるように、準備をして行きたい思っております。

株式会社小出ロール鐵工所

代表取締役 小出 明治









koideroll at 12:48|PermalinkComments(0)clip!社長の日記