2006年09月06日

国家技能検定3

999d689e.JPG
少し遅くなりましたが当社で今力を入れている国家技能検定
円筒研削盤、手仕上げ加工などが行われました。

国家技能検定とは働く人々の持っている技能や知識を一定の
基準によって検定し、公証する国家検定制度です。技能習得意欲を
増進するとともに技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の
技能と社会的地位の向上を目的とし法律(職業能力開発促進法)に基づき
昭和34年(1959年)より実施されています。
技能検定の特級、1級、単一等級に合格した方には厚生労働大臣から、
2級、3級に合格した方には知事から合格証書が交付されます。
  また、技能検定合格者には合格した等級の技能士章も交付されます。
技術継承、加工技術のレベルアップなどのために弊社では最近積極的に
取得させている資格です。

現在は1級 2人、2級 12人となりました。

今回は7月から9月にかけて14名が円筒研削盤、数値制御旋削盤、普通旋盤
治工具仕上、マシニングセンターなどの実技、学科を受けています。

始めた当初はあまり関心を持ちませんでしたが最近では社員全体で積極的に
取組む様になりました。

koideroll at 16:02│Comments(0)TrackBack(0)clip!社内速報! 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔