2006年11月27日

休日。5

 先週末、友人夫婦と一泊二日の温泉旅行。

 場所は、千葉県の岩井元湯温泉です。

 網元がやっている旅館で、お風呂はあまり大きくはないのですが、源泉で、そこの目玉は、何と言っても、地の物満載お刺身の、舟盛りです。

 なんと15種類の魚のお刺身が、大きな舟盛りに人数分盛られていて、焼き物・魚の味噌汁・揚げ物と驚く量の新鮮な食材が、出されます。

 多聞その宿は、、元々は普通の旅館から若旦那がリニューアルして、網元の持ち味である、自己所有の船で揚がった新鮮な魚を前面に出して、お客に提供して繁盛しているのではないでしょうか。

 私達は、今回で二回目のリピーターなのですが、大体どの様な宿でも、二回目に行ったときには、そこの良し悪しが、はっきり見えてくるものです。

 しかしその宿は、食事の質も変わらず(前回より向上!)、サービスも前回以上にアップしていました。

 夕食の後、『今回も、お越しくださって有り難う御座います。』と何気ない一言と共に出された、サービスのコーヒー。

 たわいも無いんですよね。目に見える大袈裟なサービスよりも、ちょっとした事に人って、感激するんですよね。

 それに、大袈裟なサービスを期待する様な、人間にはなりたくないんです。

 ご主人や働いている人達が全て、心地よい対応をしてくれているのは、非常に関心してしまいます。

 それに、心から言っている『言葉』なのか、事務的に言っている『言葉』なのかは、相手には、すぐにわかってしまうのですよね。

 朝食も、魚の焼き物がメインだったのですが、6種類の魚から、前日の夜にセレクト出来ると言う、満足な朝食です。
ちなみに私は、金目鯛にしましたが、都会じゃめったに食べれないのですが、油がのっていて、最高に美味でした。

 年に1〜2回は、この宿に行くつもりです。

 お陰で、リラックスさせて頂けたのですから。



舟盛り

koideroll at 11:01│Comments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔