2008年06月27日

最近読んだ本233

最近、忙しさにかまけて、本を読むペースが、おちています。

ただ、少し読まなくなると、無性に、何でもいいので、読みたくなるのです。


今回ご紹介の本は、『働く理由 99の名言に学ぶシゴト論』戸田智弘著 ディスカバー社です。

この本の面白い所は、筆者が大学を卒業後、就職した非鉄金属メーカーを辞め、転職するにあたって、自分に向いている仕事・やりがいを感じる仕事って何かが、まったく分からなかった時、必死で読んだ本の中の文章から、ヒントを見つけ出した。

筆者は、仕事を見つける為には、法則など無いと思っていたのだが、多くの名言の中には、法則が存在する。

今回の本は、そんな筆者が選んだ、99の名言から、自分自身の人生の応用問題を、自分自身で解いていく為の法則を、名言の中から、学んで欲しいらしい。


たとえば、


『変えられる事は、変える努力をしましょう。変えられない事は、そのまま受け入れましょう。起きてしまった事を嘆くよりも、これから出来る事を、皆で考えましょう(加藤諦三)』



『多くの若者を見ていると、「妥協したくない」ことが先行して、少し困難に出くわすと、すぐに理想を捨ててしまうことが多い。理想を捨ててしまえば、妥協もなにもなくなってしまいます。問題は、妥協しても理想を捨てない事なのです。(坂倉聖宣)』


『そもそも、やりたい事がない、って言うのは、本当にダメな事なのだろうか。私は、そうは思わない。やりたい事をなんてなくていい。むしろ無い方がいいと思っている。あんまり、今の自分のやりたい事に、凝り固まってしまうと、自分も知らない、本当の自分のやりたい事を、見逃してしまう。(玄田有史)』


『与えられた仕事をするのは、雑兵だ。(織田信長)』


『若い人たちはよく「生き甲斐がない」と言います。しかしそれは、当り前です。孤立した人には、生甲斐はない。生甲斐は人間関係です。(石川達三)』


99人と言う、これだけ多い人の名言を読めば、なにか一つでも、ヒントが解るかもしれません。

転職を考えていたり、辞めたかったり、仕事が面白くないと感じたり、自分に合った仕事が解らない人に、読んでもらえたらと、筆者は、言っています。


興味があったら、とにかく読んでみて下さい。

今までと違う何かが、発見されると思います。



働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。


koideroll at 09:46│Comments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔