2009年05月26日

『社長、曰く。』感謝の集い5

昨日、キャノンマーケティングジャパン主催の、感謝の集いに、蠕虱嫗器の中村専務のお誘いで、参加して来ました。

この、『社長、曰く。』とは、昨年、キャノンの新聞広告に掲載された、全国各地の社長さん達の座右の銘を、昨年、一冊の本として出版されて、今回、この掲載された関東地区の経営トップが参加した、感謝の集いなのです。

今回、恥ずかしながら、私の座右の銘も掲載されており、その関係から、この集いに参加したのです。

感謝の集いでは、二名の方の基調講演がありました。

伊那食品工業株式会社 代表取締役会長の、塚越 寛さんと、HAYASHIDA-CS 代表取締役 林田 正光さんでした。

とにかく、このお二人の講演は、とても勉強になり、とにかく参考になりました。

塚越会長は、相場であった寒天の安定供給を確立し、医療・バイオ・介護食と、新しい市場を開拓し、会社設立から48年間連続の、増収増益を達成した、優れた経営者の一人です。

塚越会長は、ただ利益追求のみではなく、地域貢献が出来、従業員が安心して働ける会社を作る事こそが、本来の姿として、実践されている。

従業員を、ファミリーと思い、全ての人がハッピーになる為に、会社は存在し、利益はその為の手段であり、永続させる事で、さらにハッピーになる事を保証出来ると、言っていたらしい。

しかし、社長が勝手にファミリーと思っていても、社員側が、そう思ってくれなければ、意味がない。

そこで、塚越会長は、『人間としての基本的な教育、例えば、何の為に働くのか、何の為に学ぶのか、何の為に会社は存在し、何の為の利益や成長なのか等々、あるべき人間の姿や会社の形などについても、全員にわからせてきた。』と言ってます。

これって、いつもいつも、私が思っている事でした。

この本当の意味を、弊社の社員が、いかに分かって、解って、判ってもらえるかが、今後の、弊社成長の鍵となるのだ。


そしてもう一人の林田さんは、藤田観光〜ザ・リッツカールトン大阪等ホテルマンを経て、CS(顧客満足度)のプロフェッショナルとして、活躍されている。

リッツ・カールトンの本は読んだ事があるのだが、林田さんの話で、実際にリッツの
本当の強さを実感したのです。

『感動サービスこそが、ロイヤルカスタマーを創る。』

それは、顧客満足だけではなく、従業員満足も重要な要素であり、顧客満足度(CS)+従業員満足度(ES)=究極の販売戦略と。

やはり、お二人とも、従業員満足度が、重要だと言っています。

今回改めて、実感しそして、何の為に・・・を更に理解してもらう様にも、して行かなければと。




社長、曰く。
社長、曰く。
クチコミを見る




ちなみに、私の『座右の銘』は、P96に載っています。



いい会社をつくりましょう。
いい会社をつくりましょう。
クチコミを見る


リストラなしの「年輪経営」
リストラなしの「年輪経営」
クチコミを見る




リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと
リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと
クチコミを見る


伝説のホテルマンが語る 極上のおもてなし
伝説のホテルマンが語る 極上のおもてなし
クチコミを見る






koideroll at 11:17│Comments(1)TrackBack(0)clip!社長の日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ただ   2009年06月01日 23:08
はじめまして、今
ブログの勉強してます。

いろいろな方のブログを参考にさせて頂いてます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔