2009年07月11日

鹿児島

指宿に泊まった後、知覧へ移動。

特に、今回の旅は、私のわがままで、どうしても知覧に行きたかったのです。

知覧にある、『知覧特攻平和記念館』に行くために。

先の大東亜戦争で、この国の為に、若い命を捧げた、多くの人達の功績を、この歳になり、どうしても自分の眼に焼き付けてみたかったのです。

彼らの遺影、遺書を見る度、何故だか分からないのですが、とめどもまく流れ落ちる涙と熱い感情は、実際、行って見ないと分からないと思います。

ほんの六十数年前に、多くの理由があるにせよ、この国が、戦争と言う悲劇に陥ってしまった過去を、私達、今この国に生きている日本人として、忘れては、絶対にいけないのです。


7a5f7b6a.jpg


koideroll at 13:52│Comments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔