2010年10月21日

こんな整形外科もあるんだな。3

最近、学生時代の古傷と老いてゆく肉体老化から、足首と肩に痛みを抱えておりました。

そこで先日妻から、船橋に良い病院があるらしいとのアドバイスが。


翌朝、起きしなに痛みを痛感して、重い腰を起こして、その日の夜に病院へ行ってきました。

船橋にある、とある有名な整形外科専門病院です。

ご近所の方なら、ピンと来るとは思いますが。


意外に会社から近くてビックリ、入ってみてまたビックリ!

なんと総合病院のような専門病院。

当初、町の小さな病院と思って入ったのですが、いやはや・・・!

先ずは、初診の為約1時間ほど待って、担当医師を決められ、その先生の所で待機。
しかも、身体の各部位の専門治療になっているみたいで、10名ぐらいの先生の診察質があるのです。

順番を呼ばれて、まずは、痛みの確認。
私の場合は、左足首(学生時代のスキーの古傷)と右肩三角筋後方部(老化?)のいたみの、度合を確認して直ぐにレントゲン室へ。

レントゲン撮影後、再度診察室で待機、呼ばれて写真確認後、リハビリ室へ案内される。

そのリハビリ室が大きくて、奥には、リハビリ用トレーニング系マシンとストレッチマット、そしてホット&アイスパック装置そして、ベットが多数。

リハビリ受付して約20分待ち、担当の療法士さんが来て、ベットで各部位の確認。

それから、リハビリ運動を、担当トレーナーから指導を受け、30分ぐらやり、再度療法士の先生の確認。

そこから、リハビリについて指導、レクチャーを受ける。

約一か月もすれば、改善するようだ。

整形外科で、ここまでリハビリ等に特化した病院は初めてです。

やはり、病院といえども、経営であり、根底にあるのは、患者さんであるお客さんが、いかに何を望んでいるかにこたえられる、先端技術とサービス提供ですな。

納得やら感心やらでした。




koideroll at 23:20│Comments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔