2011年04月22日

最近読んだ本70。3

今回の本は、TV番組で活躍しており、理想の上司1位にもなった、池上彰さんの著書です。

『伝える力』池上彰著 PHPビジネス新書。

この本は、少し前に発売されてベストセラーにもなっていたので、皆さんも読んでいる方も多いと思いますが、今回初めて、池上さんの著書を読んで見ました。

彼のNHK子供向け番組「週刊こどもニュース」を、何度か見た事があります。
この時初めて見て、真剣に見てはいなかった事もあり、「やけに丁寧な説明だな・・、でも意外にもわかりやすいぞ。」と思った記憶があります。

通常の生活の中でも、ビジネス上でも、人に何かを伝える事の難しさを、皆さんも日々実感しているのではないでしょうか?

私も元来、口数の多い方ではないのですが、ビジネスでは、出来るだけ理解してもらえる様に、常に発信しているのです。

ただ、自分自身では理解してもらっていると思い、伝える事が出来ていると思っていても、まだまだ、理解されてないないのではないかとのご指摘を受ける事もあるのです。

自分自身の発信力(伝える力)をどの様にしたら高める事が出来るのか、日々、自問自答を繰り返していた時に、池上彰さんのTV番組を見たのです。

なるほどこの人、誰でも理解出来る様に話しているのだと。

一部の知識がある人だけでなく、子どもでも、おバカタレントでも、皆同じように理解出来る様に話していた。

何故こんな事が出来るのだろうか?

早速、本屋で彼の本を買って見た。

なるほど彼の原点である、「週刊こどもニュース」で子供から、矢次に素朴な質問攻めにあった経験から、「伝える」為に必要な事は、まず自分自身がしっかり理解する事で、深く理解をしていないと、判り易く説明出来ないのだ。

話をする人に合わせるのでなく、もっともっと理解を深めて行く事で、自然と理解されやすい伝え方になるのでしょう。

私自身、今回本を読んで反省をし、今まで以上にもっともっと学び、理解を深めて行こうと思う。

どうしても、社会人と言うものは、自分自身の仕事のフィールドの中だけの知識を追い求めて、それで終焉し納得してしまうのではないだろうか?

私も含め、当社の社員や管理職達も、そうではないだろうか。

単純に、自分自身の理解を深める事は、容易な事ではないと思う。

だだ、そこを怠る事が、伝えようとする自分が理解されない側面もあると思わないといけないのです。

まだまだ私も、努力を惜しんではいられません。




伝える力 (PHPビジネス新書)
伝える力 (PHPビジネス新書)
クチコミを見る


koideroll at 16:46│Comments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔