2011年04月30日

指導力3

今朝の産経新聞の、TOSS代表向山洋一氏のコラムには、考えさせられた。

教師の指導には、効果があるものとないものがあると。

向山氏が言う指導は、3段階あると言う。

第一は、やり方を教える事。 教えられる側は、『分かった』となる。

第二は、やり方を身に付ける事。 『できる』と言う状態になる。

第三は、やり方が十分に身につく事、習熟である。 『大丈夫』となる。

大切なのは、第一と第二のステップ。『やり方』が分かり、『できる』となる事。 力量のある教師は、そこを大事にし、力量のない教師は、そこをおろそかにすると。

『教えて、ほめる』が、力のある教師、『教えないで、叱る』のが駄目な教師であると。

これは、教師の世界だけでなく、ビジネスの世界でも一緒だな。

会社と言う、いわば新たに入った未知の世界に置かれた若者達にも、現状は、会社からの、指導が必要となっているのが、現実である。

納得したのだか、さて、私も含め、当社の管理職諸君は、いかがであろうか?

自分自身も反省の念もあるのだが、指導する立場の管理職も職場の先輩達も、その辺を理解しているだろうか?

常に、自問自答を繰り返していかねば、いけないのだと、つくずく思うのです。



koideroll at 12:51│Comments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔