2011年05月26日

最近読んだ本71。3

今回の本は、『ダントツ経営』坂根正弘著 日本経済新聞出版社。

数年前仕事で、小松空港を降りタクシーで移動中、この会社の前を横切った。

そう、建設機械メーカーの勇、「コマツ」でした。

その「コマツ」の、現在取締役会長の坂根氏が書いた本です。

建設機械の日本メーカーとして、世界のトップを走り続けているコマツ。

その秘密が、書かれている。

世界一の厳しいマーケット(競争と共に回収も難しいと言われている。)での、躍進の秘密や、ライバルが追いつけない「ダントツ商品」の開発についても、書かれている。

やはり成長していく秘訣は、現社長の野路氏や会長の坂根氏が、「驕るもの久しからず」を合言葉に、「一歩一歩、ダントツのレベルアップを目指して行こう」と言う、考え方からきているのだろう。

この本から、「コマツ」が危機の時に行った、社内の『構造改革』の断行や、坂根会長が名付けた「ダントツ」という言葉意味が、良く理解出来ます。

当社にも、この「ダントツ」スピリットに近い、志を共有してもらいたいものです。



ダントツ経営―コマツが目指す「日本国籍グローバル企業」
ダントツ経営―コマツが目指す「日本国籍グローバル企業」
クチコミを見る


koideroll at 15:51│Comments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 | 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔