2011年10月05日

韓国ローカル企業

昨日は、韓国ローカル中小企業の訪問でした。

2社を見学したのですが、規模的には、70〜100名程度の企業で、何方ともに、当社規模と似たり寄ったりな感じでした。

しかし、2社共に言えるのは、とても5Sが行きとどいている点です。

その辺は、日本でも中国でもこの経済状況下の中に、利益を出している会社は、必ずしも5Sがしっかりとしている。

韓国で、一番感じた事は、日本に比べ国土が狭く人口が少ない国のマーケットで、ビジネスで勝負をして行こうとすると、必然的に、営業力を強化して、海外にマーケットを確保しなければならす、以前の日本の様に、国の基幹産業を強化して、その裾野を広げる事で、製造業を発展させ、新技術や新産業分野を、独自の力で生み出し、世界のトップを目指して来た。

その結果、サムスンやLG、ポスコや現代などのメーカーが、世界の上位にいる。

そして必然的に、中小企業もそれに追随する。

以前の韓国企業は、日本に追いつけ追い越しで、我が国を手本としていた。

しかし今では、日本が手本としつつある。

当社もここ数年で、以前の様な、昔ながらの町工場的な、負の文化が無くなりつつあるが、まだまだスピードが遅く感じる。

思考的に理解しているが、瞬時にアクションが取れずに、一拍置いてしまう。

5Sもしかりだ。

我が社はまだまだ、日本でも世界でも、決勝ラウンドまで行けてないと言う事を、冷静に理解すべきだ。




画像は、韓国ローカル中小企業の5Sスローガン。
ただ、躾の文字が間違えているのは、ご愛嬌ですが。

koideroll at 13:24│Comments(0)TrackBack(0)clip!社長日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔