2012年10月31日

最近読んだ本95。3

今回の本は、『大きく、しぶとく、考え抜く 原田泳幸の実践経営塾』原田泳幸著 日本経済新聞出版社です。

皆さんご存知の通り原田氏は、日本マクドナルドの社長であり、それ以前の直近は、アップルの米国本社副社長を務めたかたです。

この本の中には、彼がビジネスの中でいかにして、目の前にある問題をどうやって解決・克服し、どのような考え方で、今までそしてこれからを目指しているかが書かれている。

アップルからマック?・・・何故?

なんか面白そうだと思って、またしても本屋で適当に勝ったのが、またまた当たりだった。

巻末に、ユニクロの柳井正社長との対談が収録されているが、この対談が納得させられる。

その対談の中での柳井氏の言葉は、当社にも当てはまる。

『生き残ろうとするには、ナンバーワンになるしかない』と・・・・!

また原田氏は、

『人を採用するときは成果でなく、ラーニングスキル(学習能力)をみる。常に学ぶ力が無ければ採用しない』と・・・・!

やはり、このラーニングスキル(学習能力)ってのは、個々に持ち合わせた脳みその良し悪しではなく、自分自身から欲する学びたいと言う欲求を持ち合わせていなければ、このラーニングスキルを養う事は出来ないでしょうね。

ちょろっと、読んで見て下さい。



大きく、しぶとく、考え抜く。―原田泳幸の実践経営論
大きく、しぶとく、考え抜く。―原田泳幸の実践経営論
クチコミを見る


koideroll at 11:43│Comments(1)TrackBack(0)clip!社長の日記 | 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by た   2012年12月24日 14:20
大変勉強になります!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔