2014年05月27日

当社と唐津鐵工所との繋がり。4

先週末、九州佐賀県唐津市に行ってきた。

目的は、当社が株式会社唐津鐵工所に発注した新型研削盤の立会いに、生産担当役員である実弟と共に現地に行ってきた。

現地では、数日前からプログラム等の講習を兼ね、三月から組織改編をした若いリーダーとサブリーダーの二人が、連日夜遅くまで新型機械のチェックをしていた。

今回の機械は、当社創業100周年の年に設置する記念すべき工作機械であり、今までにない試み等を加味した、私としても思い入れのある機械である。

現在、日本メーカーの中で、大型研削盤を作成しているメーカーは、東芝機械と唐津鐵工所だけである。

小型研削盤においては、国産メーカーとして何社か存在はしているが、大型に関してこの二社だけとなっている。

当社所有設備の研削盤は、唐津鐵工所以外には、東芝機械・大隈鉄工所の3大国産メーカーを所有している。

そこで当社と唐津鐵工所との、『縁』と言うことに関して記述しておきたい。

昭和30年代の前半までの東京都墨田区の小出鉄工所(旧)は、繊維・染色機械を製作する小さいながらもマシンメーカーであった。

その後、時代の流れのなか繊維・染色加工機の需要は激減し、当時保有していた旧タイプの研削盤で何か出来ないかとマーケットを模索していた中、現在の当社の祖業と言ってよい、製紙メーカーのロールと『縁』があって出会うのでした。

何とか旧タイプの機械で、仕上げる事が出来た事から、関東近隣の製紙メーカーへの営業活動を行って結果、製紙業界のマーケットに入る事が出来た。

そして、昭和30年代の終わり、東京墨田区石原の工場が手狭になった事から、千葉県習志野市鷺沼に工場を建設し、徐々に移転を始めたのです。

この鷺沼工場が、小出の千葉県習志野でのスタートとなり、そして新たな第一歩となるのです。

当時の鷺沼工場では、ナクサスユニオン(米国製)・東京瓦斯電機製造製(現在無)の旧タイプの研削盤のみしかなく、製紙メーカーのみならず、その頃関東近辺で建設がされた製鉄メーカーとの仕事も受注出来るようになった事から、大きな研削盤が必要となったのです。

そこで、、当時(現在も)二大研削盤メーカーであった、東芝機械と唐津鐵工所の二社に見積りを打診した結果、価格・対応等々の面で唐津鐵工所に決定したらしい。

二社とも当時から、大手工作機メーカーであって、一介の弱小中小企業であり財務状況も脆弱な当社に、機械販売しくれるとは夢ほど思ってみなかったと、後に父である会長より何度も聞かされていました。

当時の、唐津東京営業所長が九州本社に掛け合ってくれた結果、月ずきの月賦での支払いを了解してもらった事で、当社は初めて新品の機械を購入する事が出来た。

そしてこの機械には、もう1つの思いが、しっかりと入っているのです。

当時、私の祖父である小出虎男は、優秀なエンジニアであった。

今回初めて発注する大型研削盤には、自分自身の信念(魂)を入れたいと言う思いから、当時タブーであり誰も賛同する事が無く、考えられることすらなかった、精密研削盤の駆動方式をギア駆動にするのだと言い続け、唐津鐵工所の設計部長と共に思案して、結果駆動方式をギア駆動にしたのです。

唐津鐵工所の105年の歴史の中で、この小出発注の機械だけが『唯一無二』の、ギア駆動と聞いております。

そしてその機械は、昭和41年に【RG−8H】として、千葉県習志野市鷺沼工場に設置されたのです。

そしてその機械は、今まで当社が保有していた研削盤とは、比べ物にならない位に能率がよくなって、今までの数倍の生産性を上げる事が出来たことで、唐津鐵工所に対しては、当初の月賦金額の倍の金額を支払う事が出来、当初より早く完済が出来たと言う。

その昭和41年の1号機から、今回の新型研削盤で12台となった。

この機械と2号機は、仕事を全うし長い間当社にとって、多くの貢献をしてくれたのです。

そして、今回の新型研削盤は、今までの当社が大型研磨加工で培った多くのノウハウと、工作機メーカーである唐津鐵工所との長い歴史の繋がりが、宿った研削盤であろう。

この業界で生き抜いて行く為には、自分自身の経験や知識や努力に裏打ちされた、【信念】と【魂】と【繋がり】をしかっりと理解し、来月に搬入されるであろう【新型機】と共に、新しい時代を歩んで行こう!



ちなみに、現コマツを設立した竹内明太郎氏によって、その設立の10年前に唐津鐵工所は設立され、言わばコマツの兄貴分的な歴史を有する日本企業です。




IMG_5454










IMG_5460










IMG_5449









IMG_5451

koideroll at 14:52│Comments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔