2016年04月29日

最近読んだ本130。4

今回の本は、『64(ロクヨン)』横山秀夫 著 文春文庫です。

この本は、前から気になってたのだが、このGWに映画化され上映されると聞き、早速購入し読んで見た。

題名の64という数字も、1964年鵜前の私にしては、何故か引かれた数字の題名だ。

しかし、この物語の時代は、昭和64年に起きた未解決事件から始まっている。

やはり警察物を手掛けるとピカイチである、著者の横山秀夫だ。

初めて読んだのが『半落ち』であり、警察物の面白さを教えてくれた作家である。

今回も、何故だか読むにつれ、自分自身が実際の警察官になった気持ちになってしまう。

それだけ面白かった。

映画化での主演は、佐藤浩市らしい。

とても良いキャスティングなので、久々に邦画を見に行きたくなった。


64(ロクヨン) 上 (文春文庫)
横山 秀夫
文藝春秋
2015-02-06



64(ロクヨン) 下 (文春文庫)
横山 秀夫
文藝春秋
2015-02-06



koideroll at 14:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!社長の日記 | 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔