2019年04月11日

最近読んだ本161。

今回の本は、昨年9月に亡くなられた樹木希林さんの本です。

『一切なりゆき 〜樹木希林の言葉〜』 樹木希林 著 文春新書です。

言わずと知れた女優としての実力は認識していたが、数多くの言葉を残されていたとは、お亡くなりになってから知ったのです。

つい最近も、御主人の内田裕也さんも永眠された。

そして、何気なく久しぶりに入った書店で、この本が目が留まり自然と手に取り、買いたい本の山に乗せてレジへと進んでいた。

先ずはこの本から読んで見た。

一気に読んだ。

とにかく素敵な女性であった。

読めばわかると思う。

まだ著書があるみたいだ。

それも読んで見ようと思った。

『女はつよくていいんです。』と言っている。

『しっかり傷ついたりへこんだりすれば、自分の足しや幅になる』とも言っている。

いやはや 参った。






koideroll at 15:26│Comments(0)clip!社長の日記 | 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔