2019年04月11日

最近読んだ本162。4

今回の本は、『不死鳥少年 アンディ・タケシの東京大空襲 』石田衣良著 毎日新聞出版です。

この作家の石田衣良さんは、私の大好きな作家の中の一人で、代表作の「池袋ウエストゲートパーク」はすべて読破しています。

彼が描く若者の感情の描写がとても好きなのです。

その彼が久しぶりに少年の感情を鮮明に描いた物語です。

現在の若い世代の人が学校で教えられていない、昭和20年3月10日の『東京大空襲』を題材に、日米ハーフの14歳の少年が、この東京大空襲を生き抜いた物語。

この本を読んで、石田衣良と言う人のまた違った素晴らしい表現力を改めて感じた、素晴らしい本であった。






koideroll at 16:04│Comments(0)clip!社長の日記 | 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔