2019年08月26日

最近読んだ本167。5

今回の本は、『トリセツ・カラダ』海堂 尊 著 ヨシタケシンスケ・絵 宝島社新書です。

実は私、幼き頃より本が大好きでして、この年になるまで、乱読の乱読そしてジャンル問わずで、読み漁っており、書店で目見したものを衝動買いしたり、何気なくネットで見つけたものをまたポチしたりしております。

これだけ本を読んでいるのですから、頭が良くなってもと思いますが、それとこれとは違ってまして、もともとの地頭がポンコツなもんで、優秀とは行きません。

ただ、本を読めば読むほどに、自分が知らない世界や、興味のある物語の主人公になった気持になったり、知らず知らずのうちに学べてそして、気持ちも豊かになってくるのです。

前振りはここまでにして今回の本は、海堂 尊さんのの本。

彼は、ドラマや映画になった『チームバチスタの栄光』の作家さんで、もともとは外科医の方。

その方が書いた、人体の疑問を、「トリセツ」として教えてくれています。

また、ヤシタケシンスケさんが書いているイラストが、またまた興味をそそるのです。

身体の中伊ある内臓の位置や、どの様な用途機能なのか屋らを、イラストを交えて描かれています。

私もそれなりの年齢になったからか、この様な本には興味を引かれたのかもしれません。

そして最後の章にある、少ないページですが「医学概論」を読んで見て下さい。

納得してしまいます。

この本は、身近な場所に置いて、思い起こしたらパラパラと読み返したい本です。









koideroll at 08:00│Comments(0)clip!社長の日記 | 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔