2020年07月06日

最近読んだ本176・177・1785

今回の本は、『100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート』松浦弥太郎著 マガジンハウス。
『生きる』松浦弥太郎著 河出書房新書。

セレクトブックストア『COW BOOKS』の代表である松浦弥太郎の二冊の著書。

正直彼の存在は全く知らなかった。

たまたまネットで見つけたのが、この『100の基本』です。

彼自身が、自分と言うもの、いや自分に対して課せたている、100の心がけのようなものであり、
また彼の会社スタッフと共有するべきるルールが書かれている。

読んでいると、とても共感を得る当たり前な事が多いのですが、自分自身に当てはめてみると、ちゃんと出来ているのかなと思ってしまう。

『正直』の同じ松浦弥太郎の本です。

この本は、尊敬する先輩からのお勧めであった。

とにかくこの題名である『正直』には、一発で惹かれた。

先に『100の基本』を読んでからなので、この松浦弥太郎と言う同世代の人物にたいして、とても興味が湧いていたからだ。

読んで見て、感じてみて、はっきりと分かった。

この人は、『正直』な人なのだ。

人との関わり方が、素直な人なのだ。

このタイトルは、ある日突拍子もなく生まれたの書かれていた。

私はそんな彼のファンになったのです。

三冊目は、『PIXAR』ローレンス・レビー 著 文響社 です。

この本も、先輩からのお勧めです。

現在、ディズニ参加であるアニメーション会社である。

私が大好きなスティーブ・ジョブズが、一時アップルを離れた時に、この会社を買収した。

そしてその後、CGアニメである『トイストーリー』を製作発表する前後のストーリー。

著者である、ローレンス・レビーが、スティーブ・ジョブズに誘われ、このピクサーに入った後、資金面や上場への苦労など、ビジネス書としての中身の濃い本でもある。

ただのビジネス書と言うだけでなく、ジョブズとローレンス・レビーとの関係性や以前からのメンバーとの関係性など、とてもリアルで面白く、一気に読んでしまった。

また翻訳をした井口耕二氏の文章が、とても分かり易く、毎ページ毎ページすっと頭に入ってくる本でした。

Appleファン・スティーブ・ジョブズファンのみならず、ディズニーファンにも読んでいただきたい、とての面白く為になった本でした。


共に
100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート
松浦 弥太郎
マガジンハウス
2012-09-25





正直
松浦 弥太郎
河出書房新社
2015-04-03






koideroll at 11:55│Comments(0)clip!社長の日記 | 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔