2020年07月17日

藤井聡太 棋聖5

昨日、将棋の棋聖戦で、高校生プロ藤井聡太さんがタイトルを獲得した。

17歳11か月でのタイトル獲得は、30年ぶりの最年少記録だと言う。

あまり将棋は、よくわからないのですが、彼が出て来た時から何だかファンになっております。

将棋が大好きだからではなく、彼の言動に56歳の中年オジサンが心打たれ、そして共感出来たからなのです。

今や彼の言動は、ネット上で『藤井聡太語録』なるものまで沢山存在します。

たぶん誰でも彼の年齢を、自分自身のその年齢時代と重ね合わせて、色々比較何だかしている人が多いと思います。

しかし彼は、年齢相応の人物ではないんじゃないかと思っています。

時として、生まれ持って既に心と頭がしっかり成熟している人っているんです。

ご両親の育て方だけでなく、彼が世に生を受けて授かった何かが、もともとあったのだろう。

よく、生まれ持った〇〇とか言いますが、彼の言動を聞いているとその通りなんです。

特に彼が2年前に言った、『・・・名人もプロになったからには目指すものですし、強くならないと見えない景色があると思いますので、そこに立てるように頑張りたいです。』と言いています。

この、強くならないと見えない景色があると思うので、そこに立てるように頑張りたいと言うとは、
この言葉でオジサンが、ファンになってしまったのです。

この年齢(歳は関係ないと思うが)で、最もっと高みを目指して、そこの景色を見てみたい、しかしそこに立てるようになるには今まで以上に最もっと努力をしなければいけないんだと、本底心からいつも思っている気持ちが、言葉としてインタビューの時に出ていた。

今、その見えない景色を見たいと思っている若者が、どれ位いるのかなと思ってしまう。

普通で良いと思うのか、このままでいいと思っているのか?

その先の今見えない景色を見てみる為の、たゆまぬ努力が自然とできる逸材なのでしょう。

しかし、私が同い年の時は、恥ずかし過ぎる少年でした。

藤井聡太棋聖、おめでとう御座います。これからも頑張って下さい。



koideroll at 11:56│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔