社長の日記

2019年05月30日

最近読んだ本165。4

今回の本は、『帝国ホテル建築物語』植松三十里 著 PHP研究所です。

愛知県にある明治村に、帝国ホテル本館を移築する事から、このストーリーは始まった。

こも帝国ホテル本館とは、建築家フランク・ロイド・ライトが1923年大正12年に完成させたものであった。

この帝国ホテルの完成まで、多くの苦難の道のりと共に、建築家ライトと多くの日本人の心材と共に完成した帝国ホテル。

何かを成し遂げようとした人々が交差する、感動のストーリーとなっている。

建築と言う分野の奥深く、そして魅力的であった当時の情景が、この本を読む事で脳裏に描かれて来るのです。

面白かったです。

帝国ホテル建築物語
植松三十里
PHP研究所
2019-04-10



koideroll at 15:09|PermalinkComments(0)clip!

2019年05月28日

最近読んだ本164。4

今回の本は、『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』野嶋 剛 著 小学館です。

先の戦争で、「日本」であった台湾は、終戦後中国大陸から国民党ともに多くの中国人が入植して来た歴史がある。

その一方で、台湾から「日本」に移り住んだ人達も、大勢いたのだ。

彼らは、祖国を捨てたのか、捨てられたのか?

当時の当人でしか理解出来ないであろう個々の事情を、そして現在に至る10名のヒューマンヒストリーを、クローズアップした一冊の本である。

台湾好きでもそうでもなくても、この本で10名のタイワニーズ達の歴史を紐解いて見て下さい。





koideroll at 09:02|PermalinkComments(0)clip!

2019年05月09日

古地図

先日銀座の教文館の店頭で、とても珍しい古地図が展示即売会していた。

教文館自体、銀座では唯一の路面書店であり、取り扱い書籍もまたマニアックなお店。

そこで、ふと目にした古地図に釘付けとなってしまった。

江戸時代の古地図も沢山時代毎にあったのだが、やはり大正 昭和の東京の古地図が気になり、
関東大震災前の大正9年と、戦前の昭和8年そして私が生まれる前の昭和34年の三種類を購入した。

実は創業から関東大震災や戦前戦後と、当社の移転していた工場の場所を、当時の地図から探したかった事もあり、とても偶然に良い物に巡りあいました。

こちらの古地図はとても良く出来ており、『古地図史料出版株式会社』から発売されていて、店頭にいた社員の方もとても丁寧な対応で、分かりやすく説明してくれました。

不定期にいろいろな場所で、展示即売会を開催しているみたいですので、こちらのホームページからご確認下さい。

ちなみに、ブラタモリで使われている古地図は、こちらの出版社の物らしいです。

そんなに、古地図マニヤや地図マニヤではないですが、この古地図眺めてると、趣味の領域に一歩踏み入れてしまいそうです。


IMG_7388
⬆︎大正9年

IMG_7391
⬆︎昭和8年

IMG_7394
⬆︎昭和34年

FullSizeRender




koideroll at 09:14|PermalinkComments(0)clip!

2019年04月23日

最近読んだ本163.164。

今回の本は、『一日一生』『続・一日一生』酒井雄哉著 朝日新書です。

以前読んで感銘を受けたのですが、続編がある事を知り、あらためて二冊完読してみました。

「千日回峰行」を二度にわたり成し遂げた、天台宗大阿闍梨であられる酒井雄哉さんの著書。

読めば読むほどに、自分の悩みの薄っぺらさに気づかせて頂ける。

その一言一言が、今の私には腑に落ちてくる。

宗教的な言い回しではなく、人間として、自ら発する当たり前の言葉が染み渡る。

また時期を見て、読み返してみるつもり。

今と違う受け止め方になるだろう。

本当に感銘を受けた本出でした。


一日一生 (朝日新書)
天台宗大阿闍梨 酒井 雄哉



続・一日一生 (朝日新書)
酒井雄哉
2014-03-13




koideroll at 15:38|PermalinkComments(0)clip!

2019年04月11日

最近読んだ本162。4

今回の本は、『不死鳥少年 アンディ・タケシの東京大空襲 』石田衣良著 毎日新聞出版です。

この作家の石田衣良さんは、私の大好きな作家の中の一人で、代表作の「池袋ウエストゲートパーク」はすべて読破しています。

彼が描く若者の感情の描写がとても好きなのです。

その彼が久しぶりに少年の感情を鮮明に描いた物語です。

現在の若い世代の人が学校で教えられていない、昭和20年3月10日の『東京大空襲』を題材に、日米ハーフの14歳の少年が、この東京大空襲を生き抜いた物語。

この本を読んで、石田衣良と言う人のまた違った素晴らしい表現力を改めて感じた、素晴らしい本であった。






koideroll at 16:04|PermalinkComments(0)clip!

最近読んだ本161。

今回の本は、昨年9月に亡くなられた樹木希林さんの本です。

『一切なりゆき 〜樹木希林の言葉〜』 樹木希林 著 文春新書です。

言わずと知れた女優としての実力は認識していたが、数多くの言葉を残されていたとは、お亡くなりになってから知ったのです。

つい最近も、御主人の内田裕也さんも永眠された。

そして、何気なく久しぶりに入った書店で、この本が目が留まり自然と手に取り、買いたい本の山に乗せてレジへと進んでいた。

先ずはこの本から読んで見た。

一気に読んだ。

とにかく素敵な女性であった。

読めばわかると思う。

まだ著書があるみたいだ。

それも読んで見ようと思った。

『女はつよくていいんです。』と言っている。

『しっかり傷ついたりへこんだりすれば、自分の足しや幅になる』とも言っている。

いやはや 参った。






koideroll at 15:26|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月22日

イチローお疲れ様でした。5

昨夜、シアトルマリナーズのイチローが引退した。

日米通算4367安打や数々の記録を生んだイチローが、生まれ故郷のこの日本でバットを置いた。

海を渡った多くの日本人選手の中で、正直熱狂的なイチローファンでもないのだが、何故だか彼の行動言動にいつも惹かれていたし、尊敬をしていた。

日本プロ野球から初めてメジャーの道を切り開いた野茂英雄や大好きな巨人からヤンキースで活躍した松井秀樹、多くの日本選手がベースボールの国アメリカで活躍し、多くの野球ファンを魅了してくれたいた。

その中ででもまた、イチローは特別だった。

プレーの凄さや、アスリートとしての姿勢はもちろんであったが、そのインタビューの言葉の意味が、常に私を魅了していた。

彼の本も良く読んでいたのだが、会見はまた特別に心に刺さってくる。

昨夜の会見では、やはり凄いなイチローと改めて感じた。

記者からの質問に、「・・・確かに最低50までって本当に思っていたし、それは叶わずで。有言不実行の男になったわけですけど、でもその表現をしてこなかったらここまで出来なかったかなという思いもあります」

この後の言葉が沁みたんです。

その通りだなと。

『言葉にする事。難しいかもしれないけど、言葉にして表現する事というのは、目標に近づく一つの方法ではないかなという風に思っています。』

そうなんですよね。

言葉にする事、これ皆躊躇するんですよ。

なんか変に気を廻してしまって。

目標に近づく方法って、良いこと言うじゃないですかイチロー。

今朝また、会見の動画みて、そして会見全文を読んで見た。

この人45歳?

いやはや、1時間20分にも及ぶ会見は、彼のとてつもない思いを感じられた。

私が言うのもおこがましいが、お疲れ様でした。

そして有難う御座いました。

これからは違った立場で、また輝き続けて下さい。


多分また引退に絡んだ本が、たくさん出版されんだろうな。

また買ってしまうだろうな。





koideroll at 08:48|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月05日

全社員集会と‥5

昨日今期第一回全社員集会を開催しました。

先ずは、企業交流研修生の自己紹介とその会社の紹介DVDを見る。

話には聞いている会社ではあったが、画面上の迫力ある製造過程に、全社員皆釘付けであった。
FullSizeRender


その続きに、私がどうしても社員に見てもらいたかった海外同業加工メーカーの動画を見てもらった。
国内外で独立系同業社は、あまりないとの認識でしたが、やはり世界は広い、広すぎだ。

認識を新たにさせられる、動画を発見したので、是非紹介したく流させてもらう。

やはり、目が点になってる。

かなりの、インパクトあり。

動画内だけで判断すると、仕事内容は当社とほとんど同じ仕事だった。

まだまだという事です。

IMG_5377

そのあと、先週末お客様からいただいた表彰状の報告がありました。

自分自身が開拓した初代担当営業としても、とても誇らしい表彰状でありました。

実は担当営業も、当日まで知らされてなかったみたいですした。

FullSizeRender


そして管理職からの前期の検証と今期の部門方針を発表。

なかなか的を得ている検証であった。

今期方針も、今までに比べて具体的現実的になっており、今期目標達成へ向け現実的になり得るだろう。

IMG_5380
IMG_5382

そして私の先期報告と今期の方針発表を。

先期やっと掴んだ目標から、『達成からの更なる飛躍へ』向けて、なお一層努力しなければならないのです。

そしてこれから、この方針をしっかりと実践して行く事で、この先の我々が常に掲げている目標達成する為の、基礎固めてなるのです。

IMG_5399
IMG_5395

そして最後に、先期目標達成した事への、全グループ社員への感謝の気持ちとして、期末賞与を支給する事としました。

IMG_5486
IMG_5485
IMG_5459

既に新たにスタートしております。

この全社員に感謝と、全てのお客様あってこそだと思うのです。

本当にありがとう御座いました。









koideroll at 10:39|Permalinkclip!

2019年03月01日

新年度スタートと企業間短期研修生受入。5

昨日の2月28日で、前期が終わった。

多くのお客様のお蔭で増収増益となった。

そして、社員とずっと目指していた高い目標を、超える事が出来た。

小出ロールを信頼していただけたお客様はもちろんですが、大切な仕入先・協力会社の方々による多大なるサポートがあってからの結果だと思っています。

正直嬉しかったです。

営業部と製造部皆の労をねぎらい、一緒にこの喜びを分かち合った。

今回の結果は、全ての小出グループの社員が今年こそ結果を出そうと、必死に頑張ってくれたお陰なのです。

前期は正直、今までになく苦しかった。

そして長かった。

フラッグシップ機の3週間にも及稼働休止、他の機械設備の故障、多くのトラブルを抱えながら、何とかなると全社員が信じた事で、この結果が生まれたのだと思う。

昨年のこの時期のblogを読み返したら、あと一歩のところで目標未達となり、その時の原因をクリヤしやり遂げたなら、目標達成出来るだろうと書いてあった。

その通りとなった。

まだまだやり残した事はあるし、やるべき事も山積みではあるが、今回後半へ至る怒涛の追い上げは、近年まれに見ないペースの稼働率であった。

今考えると、これは全社員一丸となって同じベクトルに向かっていった結果であったんだと思う。

本当によく頑張ってくれた。

有難う御座います。



そして今日から一ヵ月間ではあるが、1人の仲間が当社で研修を行ってもらう事となった。

近隣の会社の社員の方を、当社に実作業を含め研修という形で働いてもらう、分かりやすく言うと『企業間短期研修』です。

先方の社長とは、公私ともに親しくさせて頂いており、とても信頼できる社長です。

たまたま会食時に自社の社員教育に関して熱い議論をした際、以前やはり親しい社長の会社に社員を研修に行かせてたのがとても良かったとの話を聞き、是非我々の2社間でもそれがやれないかと私から提案したのです。

中小企業の場合、研修や勉強会など、短期に外部で学ぶ事はあるにせよ、ほかの会社に行って、その会社の業務を直に従事させてもらう事などありえない。

だからこそ、学べる機会を社員に与えられるのは、社長だけの仕事であるので、直ぐにその場でお願いしたのです。

結果、その話から直ぐに、このプロジェクトはスタートしたのです。

そして、昨年当社のCNCオペレーターが、先に先方の会社に同じく一ヵ月研修に行き勉強をしてきたのです。

彼は、自社での加工以外の加工機を操作したり、当社でやる事の無い仕事に従事したりと、一ヶ月間の短い期間の中で、多くの経験をしてきたのです。

当社に戻った彼の成長は、とても嬉しくも頼もしくもありました。

今日からは、その先方の社員の方が当社で勉強をしてもらう番です。

1つでも何か感じて成長してもらえるような研修としたいのです。









koideroll at 11:10|PermalinkComments(0)clip!

2019年01月31日

最近読んだ本159・160。5

今回の本は、二冊のコミック。

先ずは、『US-2 救難飛行艇開発物語  ´◆抃酖臈瀑鹵 小学館です。

海上自衛隊の海洋救難艇である、US-2の開発物語である。

開発に携わる人たちの思いや、開発の過程が明確に描かれている。

また、多くの設計図面も描かれており、飛行機好きにはたまらんコミックです。






もう一冊は、『ソラモリ』原作 村上もとか 漫画 千葉きよかず 集英社。

航空自衛隊の戦闘機パイロットになる事を夢見た青年の物語。

これまた、飛行機好き特に戦闘機好きマニアには、とても面白いコミックだと思います。




koideroll at 15:13|PermalinkComments(0)clip!