2018年08月09日

最近読んだ本156。3

今回の本は、『下町ロケット ゴースト』池井戸潤著 小学館です。

下町ロケット第3弾が、また出版されちゃって、既にTVドラマ化決定してるらしく、性懲りもなく購入してしまいました。

何となく想像できたんですが。

作風から、新たな分野にチャレンジして、競合先が現れて訴訟になって、裁判になってとかなって思っていましたが、読んだら分かります。

一日で読んでしまった。

これは面白く書かれているが、マンネリかな。

私も結構な池井戸ファンなのですが、もうちょっとひねりが欲しかった。

それに中途半端な終わり方。

しかもこの秋に、第4弾『下町ロケット ヤタガラス』刊行決定とは。

だったら一冊にしてよ。

また買ってしまうだろうが。

下町ロケット ゴースト
池井戸 潤
小学館
2018-07-20





koideroll at 07:26|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月06日

最近読んだ本155。4

今回の本は、『日付変更線』 辻仁成 著 集英社文庫 です。

初め辻仁成さんの本を読んでみた。

『冷静と情熱のあいだ』は、映画化もされてヒットしたのだが、映画も小説も見てなかったのです。

この小説の題材が、私が大学時代から長年関係書籍を読みまくっている、アメリカ軍の日系移民で構成されていた442部隊となっていた事だったので、読んで見る事にした。

辻仁成っていうと、ECHOESのボーカルで中山美穂と三度目の結婚し、色々あって別れてと、小説に関しては読んだ事はなかったのだが、読んで見て意外と面白かった。

内容は、日系移民で構成されている442部隊をベースに、日系移民の苦悩より、戦争という事で精神的肉体的苦悩の状況下で、ハワイで幼馴染であった3名の若者が、時代に翻弄され隠し続けてきた秘密を、偶然という縁で彼らの孫たちに降りかかった出来事をシンクロさせていく物語である。

自分の好きな題材であったのだが、彼のテンポが面白く感じた。

最後の結末が、とても気になる終わり方だったので、まさか続編あるのかなとも思ってしまうのでした。





koideroll at 11:23|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月01日

最近読んだ本154。4

今回の本は、『八幡炎炎記』 村田喜代子著 平凡社です。

この本はある人から、紹介して頂いた本なのです。

たまたま酒の席で、業界も全然違う方と本の話になって、最近読んだ本が面白いからと紹介されたので、興味があったので直ぐにその場でAmazonで購入したのです。

やはり自分がいつも読んでいる作家やジャンルではない作品である事がまた、読み終えて面白かったと思える作品であった。

また題材で製鉄所の高炉の事や、地域が北九州八幡という所も、私にとって身近な題材であったのです。

書評ではなく、身近な人の紹介で読む小説が面白い事って、とても嬉しく感じるのです。

Tさん有難う御座いました。

また面白い本ご紹介お願い致します。

八幡炎炎記
村田 喜代子
平凡社
2015-02-13



koideroll at 08:51|PermalinkComments(0)clip!

2018年05月29日

最近読んだ本153。4

今回の本は、『砂の王宮』楡 周平 著 集英社文庫です。

率直な感想ですが、面白く一気に読みました。

終戦直後の闇市から、巨大スーパーチェーンの社長となった主人公が、どの様に成り上がり成長し、そして隠さなくてはならない秘密が明るみに出そうになるスリルがある。

実在の関西のスーパーチェーンの有名な経営者をモデルとしているみたいだが、そこにサスペンスエッセンスを入れてあり、読み応えある一冊となってます。

皆さん是非どうぞ。



砂の王宮 (集英社文庫)


koideroll at 15:13|PermalinkComments(0)clip!

2018年05月01日

最近読んだ本152。5

久しぶりの投稿。

今回の本は、『トヨタ物語』野地秩嘉著 日経BP社です。

やっと読み終えました。

じっくり読み返し読み返しながら読んだので、時間が掛かりました。

歴代の名だたる社長や有名な大野耐一さんの話が、いっぱい詰まったとても面白く勉強になる本でした。

特に大野耐一さんが始めた、今やトヨタの代名詞である、多能工や工具の集中管理やアンドンそしてかんばんなど、何故それをやってきたか、何故それが必要となったのかが、詳しく書かれいて、今まで読んだトヨタ本の中で一番、分かりやすい本でした。

とにかく面白い本です。

この本の表紙に書いてある、強さとは「自分んで考え、動く現場」を育てる事だ。と書かれています。

この言葉、身に沁みてます。

特に、製造業に携わる人には、是非読んでほしい本です。

トヨタファンの方もですが。

この連休また、読んで見たいと思っています。






koideroll at 11:25|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月05日

最近読んだ本147・178・1493

ちょっと、本の投稿はさぼりぎみっだたので、今回ごく一部を投稿。

先ずは、『インデックス』誉田哲也著 光文社文庫です。

この本は、言わずと知れたドラマになった「ストロベリーナイト」シリーズの最新作。

全八編のショートストーリー。

TVでは主人公の姫川玲子には竹内結子が主演していたのですが、この小説の中での主人公姫川の犯人を追っていく描写が、いやはや何だか良いんです。

このシリーズは、とっても面白くてすべて読んでしまった。

インデックス (光文社文庫)
誉田 哲也
光文社
2017-08-08



次は、『小説 創業社長死す』高杉良著 角川文庫 です。

さらっと読めます。

高杉良らしいビジネス小説。

創業者の急死後に社長となった者の、周りを顧みずそして創業理念をないがしろにしながら、権力を誇示し始める。

その時廻りの社員やその理念を意思を引き継いだ者たちは・・・

てな具合に、オーナー経営者の継承問題に絡めて、面白おかしく・・

まあでかくなり過ぎてしまった、会社の一例として捉えれば良いだろう。




そして最後に、『海辺の生と死』島尾ミホ著 中公文庫です。

満島ひかり主演でもう既に映画化されて、公開されていたの思うのですが、その原作本らしい。

自分ではあまり読まない、珍しいジャンルなのですが読んでみた。

映画は、奄美群島の島に着任した、特攻艇の隊長と島の教員の淡く切ない恋。

見てないから、はっきりと分かりませんが。

映画と違ってこの本は、著者が幼き頃の奄美の情景が独特の描写で描かれ、行った事のない私にもその風景が浮かび上がる、なんか独特の感覚のある小説。

そして人とのふれあいや出会い。

どうしても、戦争=悲しき恋とか悲惨とかにして、ストーリー作ってしまいがちだが、その当時を描くにはなくてはならない出来事なのだが、この文庫の帯にかかれている「神話の様に 物語の様につづる 豊かな島の思いで」の本であった。

海辺の生と死 (中公文庫)
島尾 ミホ
中央公論新社
2013-07-23




koideroll at 07:58|PermalinkComments(0)clip!

2017年06月30日

最近読んだ本146。3

今回の本は、『ロケット・ササキ』 大西 康之 著 新潮社です。

ジョブズや孫正義に多大な影響と尊敬された日本人、佐々木 正氏。
シャープの時術トップとして、多くの開発に携わりそして、日本の弱電技術を世界の最先端まで引き上げた男の反省が描かれている。

現在没落してしまったシャープに対して、101歳を超えた彼が何を思うのか?

だだ、その功績(光)だけではない、なるべくしてなってしまったその裏側に、興味があるのだが。






koideroll at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月27日

最近読んだ本145。4

今回の本は、私の好きな国台湾に関する本です。

『美麗島紀行』乃南 アサ著 集英社です。

この国台湾がポルトガル船に発見された1544年、その船員が「Iha Formosa イラ・フォルモサ」と歓喜の声を上げた事から「麗しき島=美麗島」フォルモサと呼ばれるようになったと書かれている。

私は知らなっかったのだが、やはりこの国は美しい場所が沢山ある。

日本統治前と統治時代の50年間、その直後の国民党支配時代とその後では、多くの違いがあった。

多くの台湾人が日本統治時代をすべて否定していなかったのは何故か?

そこを紐解くと、我々世代が知らなっかった、かつての日本人のわけ隔てのない国づくりの本質が、少しだけ理解する事が出来る。

筆者の乃南アサさんは、直木賞受賞された作家です。

初めて彼女の本を読むと、紀行文と言うより文脈がドキュメント映画のように感じ、私は映像の様に感じたのです。

面白い紀行文です。

少しでも台湾に興味をお持ちなら、是非読んで見て下さい。

美麗島紀行
乃南 アサ
集英社
2015-11-26



koideroll at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月25日

最近読んだ本143・144。4

今回の本は二冊。

先ず一冊目は、『汝、ふたつの祖国祖国に殉ず』門田 隆将 著 角川書店です。

台湾人の父親と日本人の母親との間に生まれ史、正義感に熱く優秀な頭脳の持ち主で、台湾で警察官となり、後に日本の中央大学に学び、司法試験と国家公務員上級試験に合格し、台湾に帰国後国の為に弁護士となり、議員となった。

その後、あの痛ましい台湾国民党による「二二八事件」で、自らの命を犠牲にし、多くの台湾市民を守った英雄。

日本名、坂井徳章さん。

台湾名、湯徳章さん。

日本人でありそして、台湾人である彼の、ふたつの祖国へのとてつもない思いを、今この本を読んで涙している。





そしてもう一冊は、『ハードワーク  勝つためのマインド・セッティング』 エディー・ジョーンズ 著 講談社です。

皆さんご存知の通り、先のラクビーワールドカップで、1勝も出来ないだろうとの下馬評の日本チームを、3勝も挙げ、あの競合南アフリカを倒し1勝した感動は私も忘れもしません。

ただ、そのヘッドコーチであるエディー・ジョーンズが、単に外国人のコーチだからここまで日本チームが強くなれたのか?

どうしたら、変わる?強く?なったのだろう?

それが知りた井だけで、手に取って購入したのです。

後で分かったのですが、私の知人の銀行マンも読んでいたらしい。

この本でカレが言っている事は、いたってシンプルであった。

向上心のない努力は、意味がない。

準備とは、努力の事。

どんな仕事でも、上手く行くようにするには準備が必要。

かれは、『成功は準備がすべて』とはっきり言っている。

ホント、当たり前だけど言われりゃその通りかも。

ただその準備自体を、考え過ぎてやれてない人が多いのじゃないかな。

とにかく、この2冊は面白い。




koideroll at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月22日

最近読んだ本142

今回の本は、『イベリコ豚を買いに』 野地秩嘉 著 小学館文庫です。

何となく本屋で、手にした本。

大好きなイベリコ豚と言う題名と赤い表紙に魅せられて、買ってしまった。

これが読みだしたら止まらない。

日本で認識されている「イベリコ豚」とは、何だったのだ。

この本を読めば読むほど、食べてみたい、見てみたい、行ってみたいぞスペインへ!

やはりどこの国でもいます、この豚さんを守り続けている熱い奴らが。

ただらこそ、食文化は大切にしなくてはと思っています。





koideroll at 16:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!