2019年04月23日

最近読んだ本163.164。

今回の本は、『一日一生』『続・一日一生』酒井雄哉著 朝日新書です。

以前読んで感銘を受けたのですが、続編がある事を知り、あらためて二冊完読してみました。

「千日回峰行」を二度にわたり成し遂げた、天台宗大阿闍梨であられる酒井雄哉さんの著書。

読めば読むほどに、自分の悩みの薄っぺらさに気づかせて頂ける。

その一言一言が、今の私には腑に落ちてくる。

宗教的な言い回しではなく、人間として、自ら発する当たり前の言葉が染み渡る。

また時期を見て、読み返してみるつもり。

今と違う受け止め方になるだろう。

本当に感銘を受けた本出でした。


一日一生 (朝日新書)
天台宗大阿闍梨 酒井 雄哉



続・一日一生 (朝日新書)
酒井雄哉
2014-03-13




koideroll at 15:38|PermalinkComments(0)clip!

2019年04月11日

最近読んだ本162。4

今回の本は、『不死鳥少年 アンディ・タケシの東京大空襲 』石田衣良著 毎日新聞出版です。

この作家の石田衣良さんは、私の大好きな作家の中の一人で、代表作の「池袋ウエストゲートパーク」はすべて読破しています。

彼が描く若者の感情の描写がとても好きなのです。

その彼が久しぶりに少年の感情を鮮明に描いた物語です。

現在の若い世代の人が学校で教えられていない、昭和20年3月10日の『東京大空襲』を題材に、日米ハーフの14歳の少年が、この東京大空襲を生き抜いた物語。

この本を読んで、石田衣良と言う人のまた違った素晴らしい表現力を改めて感じた、素晴らしい本であった。






koideroll at 16:04|PermalinkComments(0)clip!

最近読んだ本161。

今回の本は、昨年9月に亡くなられた樹木希林さんの本です。

『一切なりゆき 〜樹木希林の言葉〜』 樹木希林 著 文春新書です。

言わずと知れた女優としての実力は認識していたが、数多くの言葉を残されていたとは、お亡くなりになってから知ったのです。

つい最近も、御主人の内田裕也さんも永眠された。

そして、何気なく久しぶりに入った書店で、この本が目が留まり自然と手に取り、買いたい本の山に乗せてレジへと進んでいた。

先ずはこの本から読んで見た。

一気に読んだ。

とにかく素敵な女性であった。

読めばわかると思う。

まだ著書があるみたいだ。

それも読んで見ようと思った。

『女はつよくていいんです。』と言っている。

『しっかり傷ついたりへこんだりすれば、自分の足しや幅になる』とも言っている。

いやはや 参った。






koideroll at 15:26|PermalinkComments(0)clip!

2019年01月31日

最近読んだ本159・160。5

今回の本は、二冊のコミック。

先ずは、『US-2 救難飛行艇開発物語  ´◆抃酖臈瀑鹵 小学館です。

海上自衛隊の海洋救難艇である、US-2の開発物語である。

開発に携わる人たちの思いや、開発の過程が明確に描かれている。

また、多くの設計図面も描かれており、飛行機好きにはたまらんコミックです。






もう一冊は、『ソラモリ』原作 村上もとか 漫画 千葉きよかず 集英社。

航空自衛隊の戦闘機パイロットになる事を夢見た青年の物語。

これまた、飛行機好き特に戦闘機好きマニアには、とても面白いコミックだと思います。




koideroll at 15:13|PermalinkComments(0)clip!

2019年01月17日

最近読んだ本157・158。4

今回久しぶりの本の投稿。

相変わらず多くの本を読んでいたのですが、ブログでの紹介をさぼってしまっており、今回その中で2冊投稿します。

先ずは、『イオンを創った女 評伝小嶋千鶴子』 東海友和著 プレジデント社です。

この本は、日ごろから御指導を受けている先輩経営者の方から紹介して頂いた本です。

この小嶋千鶴子さんは、流通大手イオングループ創業者の岡田卓也氏の実姉であり、イオンをかぎゃうから企業へ発展、そしてイオンの精神を築いた経営者である。

この本を読むまで、恥ずかしながらこの「小嶋千鶴子」という御仁を知る由もなかった。

よんでみて、彼女の生い立ちから、家業である岡田屋をしっかり守り、年の離れた弟である岡田卓也氏に任す事が出来るまで、自ら切り盛りしたその手腕が掛かれており、今の時代にこそ必要とされている経営哲学が書かれている。

中でも、『現場は宝の山』であり、常に従業員と会ったとき彼女は、「問題あらへんか?」と聞いて回る。

これには多くの意味があり、現場の問題への意識・関心を探る事。そして、その従業員の状況を把握する事らしい。

また、『モノの見方・考え方の原則』では、「意思決定で迷ったときには長期的にかなうかどうかで決める」。
モノの見方の三原則として、一つ目は物事を長期的に考え、二つ目は根本的に考え、そして三つ目は多面的に考える事だと言っている。

ホントもっともの三原則ではあるが、なかなか三つ一緒には難しのです。

この本を読んで、おおくの忘れてしまっていた事やなっとつ出来る事が、小嶋千鶴子さんの言葉で書かれている。

後何度か読み込まねばと思う一冊でした。

イオンを創った女 ― 評伝 小嶋千鶴子
東海友和
プレジデント社
2018-10-30




二冊目は、『ルージュ 硝子の太陽』 誉田哲也著 光文社文庫です。

今更ですが、ストロベリーナイトシリーからスタートした警察小説である、姫川 玲子シリーズの第八弾です。

個々でとにかく書くものではないのですが、このシリーズ好きですな。






koideroll at 10:47|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月09日

最近読んだ本156。3

今回の本は、『下町ロケット ゴースト』池井戸潤著 小学館です。

下町ロケット第3弾が、また出版されちゃって、既にTVドラマ化決定してるらしく、性懲りもなく購入してしまいました。

何となく想像できたんですが。

作風から、新たな分野にチャレンジして、競合先が現れて訴訟になって、裁判になってとかなって思っていましたが、読んだら分かります。

一日で読んでしまった。

これは面白く書かれているが、マンネリかな。

私も結構な池井戸ファンなのですが、もうちょっとひねりが欲しかった。

それに中途半端な終わり方。

しかもこの秋に、第4弾『下町ロケット ヤタガラス』刊行決定とは。

だったら一冊にしてよ。

また買ってしまうだろうが。

下町ロケット ゴースト
池井戸 潤
小学館
2018-07-20





koideroll at 07:26|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月06日

最近読んだ本155。4

今回の本は、『日付変更線』 辻仁成 著 集英社文庫 です。

初め辻仁成さんの本を読んでみた。

『冷静と情熱のあいだ』は、映画化もされてヒットしたのだが、映画も小説も見てなかったのです。

この小説の題材が、私が大学時代から長年関係書籍を読みまくっている、アメリカ軍の日系移民で構成されていた442部隊となっていた事だったので、読んで見る事にした。

辻仁成っていうと、ECHOESのボーカルで中山美穂と三度目の結婚し、色々あって別れてと、小説に関しては読んだ事はなかったのだが、読んで見て意外と面白かった。

内容は、日系移民で構成されている442部隊をベースに、日系移民の苦悩より、戦争という事で精神的肉体的苦悩の状況下で、ハワイで幼馴染であった3名の若者が、時代に翻弄され隠し続けてきた秘密を、偶然という縁で彼らの孫たちに降りかかった出来事をシンクロさせていく物語である。

自分の好きな題材であったのだが、彼のテンポが面白く感じた。

最後の結末が、とても気になる終わり方だったので、まさか続編あるのかなとも思ってしまうのでした。





koideroll at 11:23|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月01日

最近読んだ本154。4

今回の本は、『八幡炎炎記』 村田喜代子著 平凡社です。

この本はある人から、紹介して頂いた本なのです。

たまたま酒の席で、業界も全然違う方と本の話になって、最近読んだ本が面白いからと紹介されたので、興味があったので直ぐにその場でAmazonで購入したのです。

やはり自分がいつも読んでいる作家やジャンルではない作品である事がまた、読み終えて面白かったと思える作品であった。

また題材で製鉄所の高炉の事や、地域が北九州八幡という所も、私にとって身近な題材であったのです。

書評ではなく、身近な人の紹介で読む小説が面白い事って、とても嬉しく感じるのです。

Tさん有難う御座いました。

また面白い本ご紹介お願い致します。

八幡炎炎記
村田 喜代子
平凡社
2015-02-13



koideroll at 08:51|PermalinkComments(0)clip!

2018年05月29日

最近読んだ本153。4

今回の本は、『砂の王宮』楡 周平 著 集英社文庫です。

率直な感想ですが、面白く一気に読みました。

終戦直後の闇市から、巨大スーパーチェーンの社長となった主人公が、どの様に成り上がり成長し、そして隠さなくてはならない秘密が明るみに出そうになるスリルがある。

実在の関西のスーパーチェーンの有名な経営者をモデルとしているみたいだが、そこにサスペンスエッセンスを入れてあり、読み応えある一冊となってます。

皆さん是非どうぞ。



砂の王宮 (集英社文庫)


koideroll at 15:13|PermalinkComments(0)clip!

2018年05月01日

最近読んだ本152。5

久しぶりの投稿。

今回の本は、『トヨタ物語』野地秩嘉著 日経BP社です。

やっと読み終えました。

じっくり読み返し読み返しながら読んだので、時間が掛かりました。

歴代の名だたる社長や有名な大野耐一さんの話が、いっぱい詰まったとても面白く勉強になる本でした。

特に大野耐一さんが始めた、今やトヨタの代名詞である、多能工や工具の集中管理やアンドンそしてかんばんなど、何故それをやってきたか、何故それが必要となったのかが、詳しく書かれいて、今まで読んだトヨタ本の中で一番、分かりやすい本でした。

とにかく面白い本です。

この本の表紙に書いてある、強さとは「自分んで考え、動く現場」を育てる事だ。と書かれています。

この言葉、身に沁みてます。

特に、製造業に携わる人には、是非読んでほしい本です。

トヨタファンの方もですが。

この連休また、読んで見たいと思っています。






koideroll at 11:25|PermalinkComments(0)clip!